庭の家: プラソ建築設計事務所が手掛けた家です。

生活の中心に「庭」を置く、庭と共に暮らす家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

「家」と「庭」と書いて家庭があるように、家と庭の繋がりは深いものがあるのかもしれません。最低限の生活をする上では必ずしも必要となるものではありませんが、その庭というスペースを管理し、緑を絶やさず世話をするという一連だけでもなんだか心癒されるものがありますよね。そこで今回ご紹介したいのは、まず初めに「庭」をメインに考えたという住宅です。プラソ建築設計事務所によって生まれた本住宅は、その大きな庭を中心に家族の生活スタイルが展開されていくような、内と外が気持ちよく綱がる住空間となりました。

広大な庭を迎える住宅外観

ここ、沖縄県のある街に建つ本住宅。その風貌はまだ短い芝生の広がる鉄筋コンクリート造のシンプルな外観の住宅です。メインは庭と言わんばかりに、敷地のほとんどを占めるその広さは活用方法は多岐に渡ります。家族でバーベキュー、子供とキャッチボールやバトミントン。もともと道路にはさまれた高低差4mにもなる敷地とは思えないほどの安定した住宅外観です。

内と外を緩やかに繋ぐ縁側

縁側とは日本の住宅にとって欠かせない機能を持った空間です。それは、庭を目で楽しむという観念のある日本人にとっての特等席でもありますし、日本の移り変わる気候を上手に調節してくれるような空間。本住宅にも大いに活躍するのは長手方向にどっしりと腰を下ろす「縁側」。居間や個室から間接的に内と外を接続します。沖縄の暑い日差しを緩やかに感じながら、その庭を楽しむことができます。

目線を低めに時間をゆったり使うリビング

縁なしの畳と白い壁に渋い木目の天井のコントラストが効いた居間。据え付けの横長のテーブルやシンプルなテーブルは和モダンのようにスタイリッシュな空間です。そのメインとなる庭を眺められるこの今は、生活空間の中でも一段と目線の低い空間です。それはその広い庭をゆっくりと眺めるように、静かに庭の様子をうかがうことができます。座敷から縁側をつたって庭へ繋ぐ感覚は通風や採光だけでなく、日本人の生活スタイルに違和感のない空間です。

機能的な子供室

ベットと勉強机。子供室というには少し手狭い印象の空間ですがそれは意図があってのこと。個人のプライベートな空間は確保しつつも、遊んだり作業したりするのはその広い庭へと転換していくためのもの。最小限の個人のスペースを活用しながら、出来るだけ家族という共同体でコミュニケーションを取りながら生活するという事は重要なことかもしれません。

庭とつながる住空間

夕暮れの中の住宅外観。優しく灯る明かりは縁側をつたって庭へとやんわり届きます。無駄を省いたようなその住宅の外観は庭という空間がより際立ちます。縁側が繋ぐ内と外は熱い夏の夜、その住空間の蒸し暑さを吐き出すように庭まで一体化したような大きな空間となります。またコンクリートと芝生という一見無機質で、質素な雰囲気すら感じますが、時と共に庭の変化と子供の成長など静かに見守る事の出来る住宅です。

庭を中心に計画する住環境はいかがですか?是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!