はざまの家: 株式会社間宮晨一千デザインスタジオが手掛けた家です。

二つの風景をつなぐ木造の住まい

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

田園風景と住宅地の間に立つことから「はざまの家」と名付けられた株式会社間宮晨一千デザインスタジオによるこちらの住まい。クライアントからの要望であった「小さな部屋で区切るような家ではなく、家族や自然との関係が開放的で一体感のある生活」を送ることができるような空間づくりが図られました。二つの異なる風景をつなぐような木造の温かみが伝わる住まいとなっています。 

Photo by:矢野紀行

​ナチュラルモダンな木造の住まい

玄関、アプローチのあるこちら側は柵や塀もなくオープンなつくりで、訪れる人を出迎えます。外壁はもちろん、玄関扉まですべて木造で、日本の住宅地の一角であることを忘れてしまいそうなナチュラルでモダンな外観です。

​景色に変化をもたらす五角形の平面プラン

こちらは庭があり、その先にのどかな田園風景の広がる南側の様子。平面を五角形にすることで南にある庭が東西の庭にゆるやかに分節され、内部から見える風景に変化がもたらされるよう計画されています。五角形の平面が伝わる斜めの壁、木造の壁と煙突、またたっぷり設けられた大きな窓が印象的な外観です。

​つながりがありながら変化を感じられる空間

ダイニングからリビング方向を望んだ様子。玄関からダイニング、リビングそして庭へと空間のつながりが伝わってきます。この住まいでは、敷地にある約1.4mの高低差を活かして玄関から庭に向かって徐々にフロアレベルが下げられています。間に設けられた各段差は腰かけられる高さに設定されているためベンチとして使用することもでき、空間を分断するのではなく、つなぐ要素として取り入れられています。またひとつながりな空間でありながらも、居場所によって視線の変化を楽しめるような空間構成がなされています。下にたっぷり収納が設けられているシンプルモダンなデザインの階段とかわいらしいペンダントライトが空間にアクセントを加えています。

​ウッディなキッチン

木が多用された優しい雰囲気のダイニング・キッチン。大きな窓からは外の空気を感じ取ることができ、内部に居ながらにしてテラスで食事を取っているような気分にさせてくれます。

​吹き抜けと薪ストーブのあるリビング

こちらはリビングからダイニング方向を望んだ様子です。吹き抜けと大きな窓のある開放的で明るい空間、そして眼下に広がる田園風景に癒されます。薪ストーブがぬくもり溢れるウッディな住まいにマッチしていますね。

開放感ある吹き抜け

吹き抜けの上を見上げると、五角形の平面を想起させる開放感ある空間が広がります。

​オープンな二階部分

屋根裏のような雰囲気を持つ二階も一階同様開口を多く持ち、空間のつながりを感じることのできる空間となっています。吹き抜けに面した側はオープンになっており、光、風を通すとともにリビングで過ごす家族の気配を感じることができます。また障子で仕切ることでプライバシーを保ちながらも柔らかに光を通すことができます。

室内から光が溢れる夕景

大きな窓から暖かな光が溢れだす夕景の様子。作られすぎていない自然体の庭と木の外壁が温かみのある雰囲気を作り出しています。

二つの風景をつなぐ木造の住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!