光庭がつながりと広がりを生み出す家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するこちらの住まいのクライアントは70代のご夫婦で、間取りは元の家を踏襲しつつ、主に一階だけで生活したいという要望があったそうです。ただそうすると一階の面積が大きくなって採光・通風確保の問題が出てきます。そこでFURUKAWA DESIGN OFFICEが提案したのが家の中心に光庭を設けるということ。そしてその光庭の周りに個室や水回りを確保することで、家の隅々まで光と風が行き渡る気持ちの良い空間を完成させました。

​採光確保を考慮して生まれた印象的な外観

東京のとある住宅街に立つ一戸建て住宅を建替えて作られたこちらの住まい。ガルバリウム鋼板の黒くて強固、そして落ち着いた雰囲気のシックな佇まい、またたっぷり設けられた大きな開口が印象的な外観です。駐車場は2台分確保され、植栽エリアには、季節の移ろいを感じられる様々な植物、樹木が高密度に植えられています。またクライアントが昔から育てていた草花も植え替えて保存され、元の家の丹波石の延段や塀も一部残されて、新たな住まいの一部となっています。敷地の南側には建物があり、元の家では十分に採光確保ができず、日中でも照明が必要でした。この問題を解決するために、こちらの住まいでは、東に向いた外壁が真南に向けて傾けられています。さらに、一部の天井と窓を高くすることで十分な採光が確保されるよう計画されています。

​光庭を中心とした一階平面プラン

一階は中心に位置する光庭を、玄関、LDK、寝室2つ、洗面室、浴室、トイレの各空間が取り囲むようなプランとなっています。また光庭の周囲は、廊下と個室の通路としてぐるりと回ることができます。その光庭には緑が添えられて家の中に居ながらも外の空気を感じ取ることができます。またクライアントは家の防犯性も重視されたそうですが、光庭であれば、夜でも気兼ねなく窓を開け放つことができますよね。

​明るく開放的なリビング

リビングは天井が高く、高窓がら光が差し込む開放的で明るい空間です。冬場には部屋の奥まで自然光が行き届き、夏場は大きな庇で直射日光を避けられるように計画されています。床はナラのムク材にオイル仕上げ、壁は白の塗装で仕上げられています。内部空間は全体的に、ナチュラルシンプルな柔らかく落ち着いた雰囲気でまとめられています。

​収納たっぷりのキッチン

ダイニング・キッチンと光庭: FURUKAWA DESIGN OFFICEが手掛けたダイニングです。
FURUKAWA DESIGN OFFICE

ダイニング・キッチンと光庭

FURUKAWA DESIGN OFFICE

こちらはキッチンの様子。たくさん収納があるシステムキッチンのユニットを組みオープンなキッチンとなっています。また背後の壁面には床から天井まで収納が設けられ、大量のものがすっきりと納められるよう工夫されています。キッチン横の引戸は壁の中に格納されるタイプのもので、開放時にはまるで扉がないように見え、空間のつながりを感じることができます。また写真のように引戸を閉めていても、光庭によって空間がゆるやかにつながり、閉塞的にならず、家族同士の気配を感じ取ることもできます。

​まるで船の甲板!?眺めの良いバルコニー

寝室から出られる広々としたバルコニー。船の甲板のような形をしています。「バルコニーでビールが飲みたい」というのもクライアントの要望の一つだったそうですが、このような眺めの良い開放的なバルコニーで飲むビールは格別でしょうね。

光庭がつながりと広がりを生み出す家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!