オトコの白: nuリノベーションが手掛けたキッチンです。

一人部屋ももっとおしゃれなインテリアに!

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

おしゃれなインテリアでカスタマイズされたお宅を見ると、自分ももうちょっと手を掛けねば、と思うものですが、いざ手を付けるとなるとどうしていいか分からなくなったり面倒になってしまったり。一人部屋だからこそ、まぁいっか、となりがちですが、逆に一人部屋だからこそおしゃれな空間になるように頑張りませんか?今回は、素敵な部屋にするためのアイデアをいくつかご紹介していきます。手軽に始められるものからリノベーションまでいろいろですが、できそうなものを見つけてみてくださいね。

おしゃれなインテリアで一人部屋も楽しもう

一人部屋でも、いつ来客があっても問題ない綺麗でおしゃれな家だと、丁寧に暮らせている感じがするもの。おしゃれなインテリアをキープしつづけることは、そこに住む人の生き方や心持ちまでも左右します。こちらのスタイリッシュなお宅は、東京のNUリノベーションが手がけたリノベーション物件。白と淡いウッディカラーで統一された空間は、物が少なくミニマルな印象です。一人でもこんな風にスタイリッシュに暮らしたいものです。

ミニマルインテリアこそテキスタイルで遊ぼう

賃貸物件によくありがちな真っ白な壁の空間では、家具の選び方によってかなり殺風景な雰囲気にもなってしまいがち。既存の家具があまり主張のない色合いのものばかりでも、おしゃれなインテリアを演出することは可能です。手軽に始められるのが、テキスタイルに遊びのあるものを取り入れること。こちらの寝室では、淡い色調の幾何学模様のカバーが使われていて、柄がそれぞれ異なるものの、とても個性的でおしゃれな雰囲気がありますよね。簡単にイメージチェンジができるので、おすすめです。

思わず目がとまるアクセントをつける

おしゃれな人のお宅では、どこかしらその人らしい個性的な何かが取り入れられていたりするもの。植物をいろんなところに配置してみたり、パッと目を引くような壁紙やウォールステッカーが使われていたり。アイキャッチャーとなるような個性的なアクセントをつけてみてはいかがでしょうか。こちらのお宅の壁には、動物の頭をかたどったアクセサリーホルダーが。思わず目がとまる楽しくなるようなアクセントは、そこに住む人自身も楽しめるはずです。

ライティングにも個性を出す

快適な部屋づくりのために、家具選びにこだわりを持って入念にする方も多いと思います。しかしながら、意外におざなりなのが照明。賃貸物件などでは特に、既存のものをそのまま使うことが多いため、インテリアがどこかちぐはぐになってしまう場合もありそうです。おしゃれな雰囲気のある一人部屋を目指すのであれば、ライティングにもちょっと個性を出してみては?こちらのお宅の壁には、いろんな形の照明がランダムに吊るされています。光り方もさまざまで、夜のひとときを楽しいものにしてくれそうですね。

色をモノトーンでまとめる

リノベーションなどで家全体をカスタマイズできるのであれば、カラーリングにもこだわりを持ちましょう。シックなイメージで家づくりをしたいのであれば、例えばモノトーンでまとめてみるのも一つの手。こちらのキッチンでは、壁に色味の少しずつ異なる木を取り入れ、タイルにも柄を取り入れている反面で、ワークトップや冷蔵庫などの大きな家具はグレイで統一されています。小物の一部に淡い色を取り入れることで、おしゃれなアクセントとして空間に華が添えられています。

とがったコーディネート?!

一人部屋ならば、自分の気に入ったものだけでコーディネートしてインテリアを作りたいものです。かわいらしいだけ、かっこいいだけのアイテムでカスタマイズした空間も素敵ですが、どこか抜け感があったり思わず笑ってしまったりするようなポイントがあると、長く暮らしていても飽きがこないのでは?こちらのお宅では、一見かわいらしくコーディネートされた感じがしますが、よく見ると、背後の絵とクッションの柄が微妙に呼応しています。ちょっとシュールでとがったアクセントが楽しいですね。

ちょっとの工夫でお気に入りの空間を作っていきましょう。ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!