子夫婦寝室(造り付けの床下収納): 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けた寝室です。

衣類収納のアイデア15選

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

皆さんは衣類をどのように収納していますか?普段はクローゼットや洋服ダンスに、衣替えの際は衣装ケースなどに入れて、という方法が一般的かもしれません。でも衣類をたくさん持っている方、家族の人数が多い方、狭小住宅などであまり収納スペースがない方、お洒落に収納をしたい方など、ライフスタイルや住まいの種類によっては適した収納方法は違ってくるものです。そこで今回は、もう少し暮らしを快適にできる衣類収納のアイデアをご紹介します。意外な場所が収納スペースに変わったり、収納方法を工夫することで室内空間にゆとりが生まれたりするかもしれません。あなたに合った衣類収納のヒントをぜひ見つけてください!

1

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所によって手掛けられたウォークインクローゼット。家族用のため広々とした作りとなっています。家族の物を一つの場所にまとめて収納しておくというのもいいアイデアですね。

クレジット: Design by Oginot Takamitsu Atelier : Photo by archipicture

2

こちらは玄関脇のスペースに設けられているウォークインクローゼットです。家に帰ったらすぐに着替えをしたいというクライアントさんの希望で作られました。靴の収納やコートなどをかけるのにも便利です。このプロジェクトはOARK一級建築士事務所によって手掛けられました。

3

こちらはインデコードDESIGN OFFICEによって手掛けられたプロジェクト。廊下の空間を上手に利用して玄関からバスルームまでつながっているウォークインクローゼットです。

4

こちらは株式会社 建築集団フリー 上村健太郎が手掛けたプロジェクトです。北側斜線制限によって部屋の天井が斜めになっていますが、そのスペースも無駄なく使えるようにポールを立ててクローゼットとして利用しています。シンプルながらも有効なアイデアですね。

5

床下収納も空間を効率的に使う手段として有効です。こちらは寝室のベッド下スペースを使って引き出しが作り付けられています。このプロジェクトは一級建築士事務所CO-DESIGNSTUDIOによって手掛けられました。

6

こちらも床下収納の例ですが、小上がり和室の下に引き出し式の床下収納を設けています。このプロジェクトは、株式会社かんくう建築デザインによって手掛けられました。

7

こちらはニュートラル建築設計事務所が手掛けたプロジェクトです。家具をあまり置きたくない方や狭小住宅に住んでいる方は、ポールや引き出しを使って自分でクローゼットを作ってしまうのも一つのアイデアかもしれません。カーテンを取り付ければ生活感は隠すことが出来ます。

8

クローゼットの中味は隠しておくものという意識がありがちですが、きちんと整理されていれば、あえて見せてしまうのも一つの手かもしれません。今日は何を着て行こう?と眺めながら服を選ぶのも楽しくなりそうなクローゼットです。このプロジェクトは、nuリノベーションによって手掛けられました。

9

こちらはM設計工房が手掛けたプロジェクトです。階段下はデッドスペースとなりがちですが、そんなときには収納としてしまいましょう。冬物や夏物など、季節の衣替えの時に気軽にしまっておける雰囲気です。

クレジット:三竹忍

10

こちらも階段収納ですが今度は階段の壁スペースを利用しています。アイテムによって細かく分類しておけたり、靴やお子様の物など色々収納しておけたりできそうです。このプロジェクトは、インテコードDESIGN OFFICEによって手掛けられました。

クレジット: IRO creative factory Takahiro Funami

11

こちらは高嶋設計事務所/恵星建設株式会社の手掛けたプロジェクトです。中庭へとつながる段差に階段兼ベンチを設置しており、そのベンチ下が収納となっています。

12

これは株式会社FAR EAST[ファーイースト]によって手掛けられたプロジェクト。階段の踊り場の壁面にさりげなくクローゼットが設けられています。

クレジット: FAR EAST Co.,Ltd.-ARCHITECTURE & PLANNING- photo by Nobumitsu Watanabe

13

スキップフロアとなったLDKのリビングとダイニングキッチンをつなぐ階段部分にベンチ収納が設けられています。このプロジェクトは山本陽一建築設計事務所によって手掛けられました。

写真:山本陽一建築設計事務所

14

こちらは(株)ハウスインフォによって手掛けられたプロジェクトです。住まいの中に箱のような収納スペースを設け、家族の収納を一つの場所にまとめるというユニークなアイデアです。整理整頓が楽になりますね。

写真:富田英次写真事務所

15

子供部屋の収納スペースは、できればお子様が楽しく片付けや着替えが出来るようにかわいらしくしたいもの。ベッドの下にクローゼットを作ってあげれば、スペースを無駄にすることなく、またお子様の服を選ぶ楽しさや整理する自立心が同時に育まれそうですね。このプロジェクトは株式会社ブルースタジオによって手掛けられました。

衣類の収納について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!