見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

お洒落なエントランス、10のアイディア

An F An F
Loading admin actions …

玄関は、住宅の中でも特に人目に触れる場所です。お客様が来た時には最初の印象を与える、いわば住宅の顔とも言える存在。もちろん、住む人が毎日使う大事な場所でもあります。帰宅時にほっとするような、そしてお客様が来た時にはキリリと引き締めてくれるようなエントランスについての10のアイディアをご紹介いたします。

クリーンな印象

タイトルを入れてください: tsuboi design workshopが手掛けた廊下 & 玄関です。
tsuboi design workshop

タイトルを入れてください

tsuboi design workshop

エントランスとリビングルームを仕切るのはガラス貼りの扉です。気張りすぎることのないこんなクリーンな印象の玄関なら、生活感の中にも程よい上品さを保っていてくれます。ガラス戸にすることで室内空間を閉鎖することなく広く見せてくれます。またリビングルームからの採光も遮ることなく、シンプルなペンダントライト一つで十分です。ミニマルな棚と設計で、シンプルながらも可愛らしく使いやすいエントランスになっています。

デコレーションを楽しむ

モスグリーンの扉と柱が素敵なこちらの玄関は、ジェイ石田アソシエイツによる提案です。クライアントの要望により、アメリカイズムを意識したデザインとなっています。広々と取った玄関ポーチは、住宅の顔となるエントランスでガーデニングやデコレーションを楽しむのにぴったりのデザインとなっています。特徴的なデザインと色使いは、他にないオリジナルな住宅としてユニークな印象を与えるでしょう。

コンクリートが美しいエントランス

大きな土間空間のある玄関: 井村建築設計が手掛けた窓です。
井村建築設計

大きな土間空間のある玄関

井村建築設計

こんなナチュラルなエントランスはどうでしょうか。コンクリート打ち放し仕上げは合板(ラワン合板)の木目が転写される様に仕上げられ、すっきりしながらも柔らかみのある優しい印象になっています。天井を高く取り、シンプルな色使いにより広々とした印象を与えています。赤みのある木材とコンクリートの組み合わせは植物やビンテージな家具と良く調和し、おしゃれでモダンな空間として演出されています。

和モダンなエントランス

homifyが手掛けた窓
homify

厚木の家

homify

伝統的な日本建築の特徴に遊び心と茶目っ気を備えた和モダンの世界。こちらのエントランスではそんな雰囲気を存分に楽しむことができます。吹き抜けになった玄関の上部は全て木材のスノコ造りになっており、採光を調節すると共にシックな印象を与えています。深い色の木材は和風にも洋風にも良く合い、アンティーク家具とも良く調和します。和のシックさに遊び心を加えたおしゃれなエントランスになっています。

ガラス貼りのエントランスドア

景色を切取って楽しむ: 戸田晃建築設計事務所が手掛けた窓です。
戸田晃建築設計事務所

景色を切取って楽しむ

戸田晃建築設計事務所

カントリーな印象を与える色使いのこちらの住宅。特徴的なのはガラス貼りのエントランスドアです。外からの光を十分に取り込み、外の景色を玄関に取り込むことができます。また玄関とリビングルームを完全に仕切ることなく、靴箱上の空間は開けられています。玄関にありがちな窮屈な印象を与えることなく、明るくアットホームなエントランスになっています。

写真/フルタヨウコ

高い吹き抜けを持つ玄関

3階からも2階からも、家族に「おかえり」を言えるエントランスです。限られた敷地の二世帯住宅を、奥行きと高さを使うことで風通し良く仕上げています。玄関から入る外の風を上階に吹き上げ、心地よい上昇気流を生み出します。柔らかい印象の木材使いが、家族の使う温かみのある優しい玄関を作り出しています。玄関という小さなスペースに吹き抜けがあることで、限られたスペースにも開放感を生み出します。

影と光を上手く利用した和建築

バリアフリー和風住宅/地の家: 森村厚建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
森村厚建築設計事務所

バリアフリー和風住宅/地の家

森村厚建築設計事務所

日本建築の美しさ、機能性をしっかりと兼ね備えた玄関です。外の光と屋内の影のコントラストが、住宅に落ち着きと安心感を与えます。2段になった玄関の上がりは、子供やお年寄りに優しく家族が何年も使える様な工夫になっています。木材の使い方は日本様式であり、洗練された印象を与えます。引き戸の靴箱上に備えられた格子の小窓からは小さく明かりを取り入れながら隣の部屋を垣間見ることができ、上品な中にも遊びのあるデザインになっています。

空間と収納のバランス

シューズクローク(家族用の玄関): 吉田設計+アトリエアジュールが手掛けた窓です。
吉田設計+アトリエアジュール

シューズクローク(家族用の玄関)

吉田設計+アトリエアジュール

シューズコレクターの方に嬉しい、たくさんの収納を備えたエントランスです。玄関扉に続く右側の壁一面が引き戸の収納スペースとなっており、物が溢れてしまいやすい玄関に便利な設計になっています。扉付近は上部に棚を備え付けている以外に何もなく、さっぱりとした印象を与えます。豊富な収納スペースという機能性と、余計な物を全て取り除いた綺麗な印象を持つ清潔な玄関となっています。

外にいる様な心地よさ

大泉の舎‐土間のある玄関: 有限会社中村建築事務所が手掛けた壁です。
有限会社中村建築事務所

大泉の舎‐土間のある玄関

有限会社中村建築事務所

畑いじりが大好きなクライアントのために、土間を設けたこちらの玄関。扉には古い蔵戸を使用し、外の自然と良く調和しながら影と深みを与える趣のある雰囲気に仕上がっています。広々とした土間は外の光を優しく反射します。無垢の木と漆喰により、現代的な機能性を持ったまま情緒のある和の雰囲気を醸し出しています。住む人の要望にぴったりな、雰囲気の良い空間となっています。

和の雰囲気、シックなエントランス

庚申堂の家: ろく設計室が手掛けた家です。
ろく設計室

庚申堂の家

ろく設計室

こちらは住宅でありながら、まるでおしゃれなオフィスやホテルの様なエントランスです。スノコ造りの仕切りは内部の光を調節し、生活感を出しすぎない上品できちんとした印象を与えます。広々としたエントランススペースはシックで落ち着いています。モダン建築ながら伝統的な深い軒下、木材の使い方などに和の要素を取り入れ、落ち着けるエントランスを作り出しています。

お洒落なエントランスについて意見がございましたら、是非お書きください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!