見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ランドマーク的存在感を放つ住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

この住宅が建っているのは見通しの効いた角地。鋭角的なコーナーを持ったこの敷地は二つの道路の接点になっており、この地域のランドマーク的存在となる宿命を有していました。 その鋭角はそのまま建物の特徴となり、できあがったのがこちらの「Vectorベクトル」と名付けられた個性的な建物。手掛けたのは兵庫県に拠点を置き活動する和泉屋勘兵衛建築デザイン室です。

外観1

三角形の鋭角的なラインが個性的で印象的な佇まいです。一見しただけでは内部がどうなっているのか想像できませんね。鋭角なエリアは十分な面積が確保できないため、建物は敷地中央に配置。南面には先に隣家が建ったため、庭を南にまとめるのではなくあちこちに分散させながら、一階の主要な開口部から緑を楽しめるよう配慮されています。

外観2

こちらが別角度からの外観。白い閉じられた外壁、趣ある木材の塀、散りばめられた植生。全体的にはミニマルな雰囲気ながら、時折豊かな表情も垣間見せる不思議なバランスと魅力を持った外観です。

ダイニング〜キッチン

広々としたワンルームのLDKが人気の昨今ですが、こちらの住宅ではクライアントの希望でリビングとダイニングを連動させていません。キッチンを中心にそれぞれを北側と南側に振り分けており、一部屋ごとの面積で考えるとやや狭く感じられますが、より家族各々の自由な過ごし方に対応できるスペースとなっています。こちらはダイニングからキッチンを眺めたアングル。多面的に取られた開口部から自然光が差し込む明るい室内です。

和室

ダイニングルームに隣接するのは縁なし畳が敷き詰められたモダンな印象の和室です。この和室はダイニングルームに対して角度を持って接しており、建具を開け放った状態でもスペースが緩やかに仕切られています。これはダイニングルーム側から見ても和室側から見ても、視界と空間に広がりが生まれ、室内により開放感を得られる設計です。スライド式の雪見障子を開ければ庭の植生を眺めることができ、想いに耽りながら静かに過ごすことのできる和室となっています。

リビングルーム

吹抜けのあるリビングルームはルーバーを通した優しい光が天窓から差し、とても明るく開放的なスペース。吹抜けにそびえる石材の壁がシンボリックです。石材のグレー、壁の白、明るいベージュのフローロングと中間色でまとめられたインテリアは落ち着きがあり、リラックスできる空間。家具は質の良さを感じさせるミニマルなもので揃えてモダンな雰囲気に。全面に取られた大きな開口部から見える庭が、季節の移ろいや自然の美しさを室内へと運んでくれます。

バルコニー

ここは外観写真で見た塀の向こう側。内側にバルコニーがあったのですね。庇を控えめに、そしてスペース全面を床とせず一部隙間を取ることで、塀の内側の階下にも十分な日光が届くよう配慮されています。

個性的な魅力を持ったこちらの住宅、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!