見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

素晴らしいテラスはどのようにつくる?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

友達を呼んでティータイムや天気の良い日にはランチ、また夜はお酒と共に盛り上がったりとどんな状況にも使えるテラス。自分の時間ができた時には一人でゆっくりとくつろぐのも良いですよね。色んな雰囲気を空間では、居心地が良くそれでいて素敵な場所だったら最高ですよね。それではどのように仕上げれば良いのでしょうか?今回はそんな素晴らしい空間をつくるためのアイデアを紹介していきます。あなたの理想を思い浮かべながら是非参考にしてみてくださいね!それでは見ていきましょう!

大空の下でエネルギーをチャージ

広い空と自然の景色が見られる贅沢なこちらの空間はスペインから。太陽と風が感じられる気持ち良さそうな場所ですね。温かい気候の地域ではこちらのように大胆で開放的にするのも良いでしょう。囲いの大きい壁や高い柵を置いてしまってはせっかくの景色も見られませんが、囲いは腰くらいの高さにしておくと体全体で風を感じられます。パーフェクトな環境に位置する場所では、自然を感じられる最適なつくりにすると良いでしょう。

ライトアップで幻想的に

テラスは天気の良い明るい時に使う場所と思っていませんか?夜には夜の雰囲気で素敵な空間をつくることもできるのです。照明で魅了するこちらの空間はイタリアから。柱や壁に大胆に取り付けられ幻想的な雰囲気が醸し出されていますね。美しい光を眺めながら、音楽を流してお酒を一杯。一日の疲れも吹き飛んでしまいそう。大きめな照明を何個か置くよりも、こちらのようにイルミネーションの物をぐるぐる巻きにしたり、柵などに掛けたりする方が明るい夜が演出されますよ。

自然と融合できる空間

日向石を使った庭を使った庭: 株式会社粋の家が手掛けた庭です。
株式会社粋の家

日向石を使った庭を使った庭

株式会社粋の家

外に出たら美しい緑の景色が広がっている。空気は澄んでいるでしょうし、小鳥のさえずりや葉の揺れる音を聞いていると心も体も安らげそうですよね。こちらは宮城県を中心に活動する株式会社 粋の家によってつくられたものです。木材の素材をそのまま活かしてつくられたテーブルやイス。座っていると自分も自然の中に溶け込んでいるように感じられそうなオリジナルなテラスに仕上がっています。空間のテーマが ”自然と融合”なら、とことん自然と関わる事に重視してつくっていきましょう。

お花の香りがする空間

子どものためのコミュニティガーデン: SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)が手掛けた商業空間です。
SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)

子どものためのコミュニティガーデン

SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)

素晴らしい環境をつくるのに欠かせないのは、お花の存在でなはいでしょうか。カラフルな色をいくつか取り入れると空間がパッと明るくなりますし、赤と白など色を決めてするとまとまった可愛らしい雰囲気にもなります。また見た目だけでなく、風に乗ってやってくる香りもあなたの心を癒してくれるでしょう。ただ草花は環境や手入れによって成長も変わってくるので、選ぶ時には育て方などをチェックしておく必要があります。空間を華やかにしてくれる大切な存在ですし、植物も元気に育ってもらえるように気にかけていきましょう。

誰もが安心してくつろげる場所

ブラジルの建築家によって手掛けられたのは、こちらの緑に囲まれたテラス。家から縦長に伸び、芝生の上ではリラックスしたり子供が遊んだりするスペース、また砂利には大きめのテーブルを置き家族みんなで食事ができる空間になっており、メリハリのある素敵なつくりとなっています。すぐどこかに走って行ってしまう小さな子供でも、家に繋がっているので安心ですね。素晴らしい空間とは見た目にこだわったりオシャレな物を取り入れたりするだけでなく、誰もが安心してくつろげる空間という事も頭に入れておくと良いですよ!

誰も邪魔されない自分だけの空間

子供達とママの集まるスペース: 株式会社KIMURA  bi-Artが手掛けた庭です。
株式会社KIMURA  bi-Art

子供達とママの集まるスペース

株式会社KIMURA  bi-Art

テラスは家族や友達とワイワイ食事をする場所、でも良いですが、自分の時間ができた時はゆっくり一人で過ごすのも悪くありません。読書をしたり、まだ明るくてもワインをちょっと飲んでみたりと、優雅な時間が過ごせそうですよ。そんな空間をつくるなら落ち着いた雰囲気の方が良いですよね。こちらは株式会社KIMURA BI-ARTによって手掛けられたもの。くつろげるソファに広々としたスペース。壁で囲われていても緑が顔を出し、植物からなる新鮮な空気も感じられそうです。こんなとっておきの場所があるなら、仕事や家事も頑張れそうですね!

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!