本質を見極め豊かな暮らしを実現した家族の住まい | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

本質を見極め豊かな暮らしを実現した家族の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
土と空と音と: エヌ スケッチが手掛けたダイニングです。
Loading admin actions …

今回紹介するのは、自然豊かな環境の中で、ゆったりと子育てが出来ることを希望した家族の住まいです。新潟県を拠点に活動するエヌ スケッチによって手掛けられたこのプロジェクト「土と空と音と」は、一般的な家作りの考えを取り払い、ご家族のライフスタイルや周辺環境から何が本当に必要なのかをじっくりと見極めて計画されています。その結果、個性的な間取りを持つ木造2階建ての居心地のいい住空間が見事に実現することとなりました。

周囲の風景に馴染む外観

土と空と音と: エヌ スケッチが手掛けた木造住宅です。
エヌ スケッチ

土と空と音と

エヌ スケッチ

この家に住むご家族は、子育て世代のご夫婦と2人のお子様の4人。恵まれた環境の中で子供たちのことを優先した暮らしを望まれたクライアントさんは、周りに豊かな自然があり、歩いて海に行け、隣家とは離れてゆったりとしている等の条件からこの土地を選ばれたそうです。住まいの敷地は、北側には眺望が楽しめ、南側には公民館があるという状況。そこでプライバシー面を考えて建物の南側は閉じ、北側にはたくさんの開口や庭を設け開いた雰囲気の作りとなっています。また外観は周辺環境に自然に馴染むようにと、外壁の杉板を経年変化させた外装を施し、まるで以前からそこにあったかのような佇まいをしているのも特徴です。

外と中の中間スペースとなる通り土間

土と空と音と: エヌ スケッチが手掛けた廊下 & 玄関です。
エヌ スケッチ

土と空と音と

エヌ スケッチ

玄関を入ると裏庭まで続く印象的な通り土間があります。この通り土間は住まいの中心に位置しており、室内だけでなく外部と内部を好きなように行き来できるような気軽さと、自由な雰囲気が生まれています。また土間の右側には、音楽が当たり前にある生活をしたいという音楽好きのご夫婦の希望で、スタジオとなる防音室があり、左側がダイニングキッチンとなっています。

コミュニケーションが生まれるキッチン

土と空と音と: エヌ スケッチが手掛けたキッチンです。
エヌ スケッチ

土と空と音と

エヌ スケッチ

こちらはダイニングキッチンの様子です。壁面に設けられた造作キッチンは、天板をはじめ多くの部分に木が使われており、温かみのあるデザインとなっています。また見せる収納や小物を飾ることを意識して作られた棚も設置されています。ダイニングとの間にはカウンターを設けて、効率的に動きやすく使い易い印象です。ダイニングの様子もよく把握できるため、奥様はこのキッチンで食事の支度をしながら、家族とのコミュニケーションが取りやすく、また家事の間も孤立することなく過ごすことが出来ますね。

家族が集うダイニング

土と空と音と: エヌ スケッチが手掛けたダイニングです。
エヌ スケッチ

土と空と音と

エヌ スケッチ

ダイニングには眺望の良い北側にワイドな開口が設けられており、開放感や外の風景を感じながら家族みんなでリラックスして過ごせるようになっています。この家には、いわゆる「リビング」というものを設けておらず、一般的なLDKの間取りとは違う点が大きな特徴です。それは、家族にとって本当に必要な物は何かをしっかりと考えて住まいを計画したため。その結果、このダイニングキッチンや通り土間をつなぐ空間が、家族の憩いのスペースとなっています。

開放感のあるデッキスペース

土と空と音と: エヌ スケッチが手掛けた寝室です。
エヌ スケッチ

土と空と音と

エヌ スケッチ

寝室とバスルームに面してはデッキスペースが設けられています。囲まれた作りとなっているので外部から覗かれる心配はなく、デッキでは屋外の開放感を思い切り味わうことが出来ます。また室内に快適な光と風を取り込めるのもポイントです。このデッキスペースを上手に活用することで、プライベートな空間にもプライバシーを守りながら開放的を生み出すことが出来ているようです。

本当に必要な物・事から生まれた住空間

土と空と音と: エヌ スケッチが手掛けたダイニングです。
エヌ スケッチ

土と空と音と

エヌ スケッチ

この住まいは、クライアントさんの希望だけでなく、その敷地環境に何が本当に必要なのか、住まい手にとって必要なものは何なのかを建築家がしっかり見極め、よく反映された住宅となっています。それが通り土間を中心にした家作りだったり、いわゆる「リビング」のない間取りだったりということにつながっています。また自然や周りに広がる環境を考えて設けられた開口部や、閉じる部分は閉じて開く部分は開いたという作りが、この住まいのプライバシーの確保と開放感を両立しており、気持ちの良い暮らしを実現していることが分かります。

ゆったりと子育てが出来る快適な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!