大原の家: arc-dが手掛けた一戸建て住宅です。

ビルトインガレージと中庭のあるスタイリッシュな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

住宅密集地での住宅の計画は考慮する点が色々とあり大変ですが、開けた立地でも様々な課題があります。ご紹介するのは西北方向に畑の広がり、分譲街区の角地により道路にも囲まれた敷地に計画された住宅。この開かれた立地に建てられたのは周囲の視線を気にすることなく採光や開放感を取り入れるべく中庭を中心に配置された空間構成が魅力的な住まいです。ではさっそく見ていきましょう。

屋根の勾配がアクセントになった外観

設計を手がけたのはARC-D。クライントの要望はビルトインガレージのあるコートハウスということでガレージが住空間と繋がり、さらに2つの中庭に開かれた各居室に採光と広がりをもたらすプランが採用されました。のどかな畑の風景が残る地域の分譲地の角地である敷地は3方向に開かれており、通りからの視線を交わすように外観はやや閉鎖的なデザイン。一部を除いて平屋建てで構成され、黒の外壁がスタイリッシュな佇まいを見せています。

住空間と繋がるビルトインガレージ

片流れ屋根になったボリュームにはビルトインガレージとロフトを配置しています。閉塞的になりがちなガレージは内部空間と繋がっているので住まいの一部となりいつでも愛車を眺めて暮せるユニークな構成になっています。黒い外観に黄色の車が映えます。外構はシンプルにまとめて程よい植栽でシャープになりがちな外観に柔らかな表情を添えています。

様々な空間を繋ぐ土間空間

玄関を入ると土間空間が家の奥まで続き、右手のビルトインガレージと掃き出し窓を介して行き来できるようになっています。さらに左手にはプライベートな屋外空間である中庭が広がり、外からは想像できないほど明るく開放的ですよね。愛車を眺めながら暮らす家の例として「ビルトインガレージとインナーコートがある家」も参考になりそうです。是非ご覧ください。

ロフトのある多様な空間構成

コンパクトでありながらデザイン性の高い階段を土間空間に沿って配置。ガレージ上部に設えた書斎や子ども部屋に続きます。遊び心と上質なデザインを取り入れたユニークな空間が、楽しい暮らしのシーンを作り出してくれそうです。

抜け感のある間取り

ガレージから土間空間そして中庭まで視線が抜け、本来の車庫以上の機能を持ち合わせたビルトインガレージにクライアントも大満足ですよね。賢いプランによりシンプルな動線が作り出す空間の連続性と広がりが目を引く住まいです。

中庭を設けることで最大限に採光を確保する

この住宅は中庭を介して2つのボリュームで構成されたコートハウス。南側に個室や水廻り、そして北側に家族が集まるLDKを配置し、中庭やハイサイドライトを利用して採光を確保しています。またひとつを住まいを明確にプライベートとパブリックな空間に分けることで、メリハリのあるライフスタイルを導き出し、同時に中庭を共有することで繋がりを感じさせます。

中庭を満喫するライフスタイル

周囲からの視線を交わすべく設けられたプライベート感溢れる中庭は、家族がくつろいだり子どもたちが遊んだり、暖かい日の光を楽しんだりできる屋外リビングとも言える空間。さらに浴室とも掃き出し窓で繋がり、入浴後にちょっと夕涼みなんていうのもいいですよね。

FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!