見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

洗面台もお洒落にしたい!

Manami Sakaguchi Manami Sakaguchi
Loading admin actions …

洗面台はリビングやダイニングなどの部屋に比べてそんなにこだわりがなかったりしませんか?しかしトイレや洗面台にこだわってこそ真のオシャレな住宅となります。洗面所は1日の始まりから終わりまでに何度も使う場所であり、毎日の生活に欠かせない場所です。だからこそこだわってほしい。また手や顔を洗うだけでなく気分までもキレイにしてくれます。今回はそんなこだわりのある素敵な洗面台のある空間を紹介します。

アンティークな洗面台

こちらは京都府を拠点に活動する有限会社 TEAMWORKSが手掛けた京町屋の要素を取り入れられた住宅です。アンティークな照明と手洗鉢が素敵な洗面所の空間を演出しています。洗面所は他の部屋に比べて圧倒的に小さいスペースです。けれどその小さなスペースをどのように演出するかが実は大事になってきます。そんな小さなスペースに力を抜くことなくこだわってこそ、ひとつの住宅として完成するのだと思います。家の雰囲気を壊すことなく、壁に映る扉の影までもがこの空間を構成するひとつの要素として存在している。そんな光と影が織りなす素敵な空間ですね。

和の香る洗面台

和モダンの手洗い: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた浴室です。
TERAJIMA ARCHITECTS

和モダンの手洗い

TERAJIMA ARCHITECTS

海外からのお客様を迎えることが多い、というクライアントさんのために東京を拠点に活動するTERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた和モダンの住宅の洗面所です。シンプルな中にどことなく和の香りのする空間ですね。海外からのお客様が喜ぶような、日本的なデザインを取り入れられました。手洗鉢がお猪口のような形をしていてお洒落ですね。洗面台やトイレというのは、自分だけでなく友だちなど来客があった時にその人も使用するものです。どんなに家が素敵でオシャレでもトイレや洗面台がイマイチだと少し残念ですよね。何気ない場所にこだわってこそ素敵な住宅になります。和モダンの美しさが洗面台の空間にも存在しています。

クラシカルな洗面台

こちらは三重県を拠点に活動する株式会社 彩賓館が手掛けた、レンガの外観が素敵な住宅です。他にも螺旋階段やステンドグラスがあったり、アンティーク仕上げのホワイトオークフロアなどクラシカルな雰囲気に溢れた素敵な住宅です。そんな素敵な住宅の洗面スペースもクラシカル調でおしゃれに演出されています。洗面ボールが絵画の額縁のようになっています。その周りを彩るピンクの石のタイルを使った洗面台もアクセントになっていて素敵ですね。

ピアノの鍵盤のような洗面台

音楽家の家「Casa Felice」: ユミラ建築設計室が手掛けた浴室です。
ユミラ建築設計室

音楽家の家「Casa Felice」

ユミラ建築設計室

音楽家であるクライアントさんのために東京を拠点に活動するユミラ建築設計室が手掛けました。こちらはその住宅の洗面スペースです。洗面台のタイルがピアノの鍵盤の形をしているところがおしゃれですね。その白の鍵盤と壁のブルーのタイルとのコントラストが綺麗で、爽やかな清潔感溢れる空間となっています。また鏡張りにすることで鏡に後ろの景色が映り空間を広く見せています。収納もたくさんあり、使いやすそうな洗面スペースですね。

古材を用いた洗面台

古民家の古材でマンションリフォーム: ユミラ建築設計室が手掛けた浴室です。
ユミラ建築設計室

古民家の古材でマンションリフォーム

ユミラ建築設計室

こちらは上記と同じくユミラ建築設計室が古民家の古材でマンションをリフォームされました。民家が多く残る福島県の山あいの村まで一緒に出かけ、昔の民家の解体材を選別して運ぶなどクライアントさんのフランス人女性と一緒につくられた住まいです。そうして自分も家づくりに参加することで、更に愛着のわく素敵な住宅となります。そんな住宅の洗面台は、古いケヤキの一枚板に合わせて作られたカウンターの木の素材が重厚感を醸し出していて、奥にある白いお風呂場とうまく調和した空間となっています。

お洒落な工夫がある洗面台

洗面脱衣室: 高野建築が手掛けた浴室です。
高野建築

洗面脱衣室

高野建築

こちらは長野県を拠点に活動する高野建築が手掛けた、佐久市の閑静な住宅街に建つ目の前に蕎麦畑が広がる住宅の洗面スペースです。洗面台に勾配をつけて一歩前に踏み込んで洗顔できるよう工夫されています。鏡も一回り大きいサイズを取り付けるなど使い勝手のいい洗面台ですね。これまでおしゃれにこだわると言いましたが、おしゃれとは使いやすさがあってこそだと思うのです。

便利な洗面台

こちらは埼玉県を拠点に活動する遠藤浩建築設計事務所が手掛けた住宅の洗面所です。一見普通の洗面所に見えますが、実はこちらは押入れを改造したものなんです。寝室のある2階に洗面所がなく不便だったのを、押入れを改造して洗面所にすることで便利になりました。洗面ボールが下にある棚よりも手前にあるので顔が洗いやすくなっています。

存在感のある洗面台

こちらはトルコのインテリアデザイナーCANAN DELEVIが手掛けた洗面スペースです。白い洗面台に手洗鉢が素敵な存在感を放っています。通常床と壁で素材が違ったりするものですが、こちらのように床と壁が途中まで一緒でその上から違う素材の壁があるのもおしゃれですね。これが壁が全て一緒だったらまた違った雰囲気になっていることでしょう。照明だったり、壁の色だったり、ぬくもりがあって統一感のあるおしゃれな空間ですね。

シンプルで派手な洗面台

Workingbertが手掛けた洗面所&風呂&トイレ
Workingbert

inside outside bathroom wall piece, Eindhoven

Workingbert

こちらはオランダのWORKINGBERTが手掛けた洗面スペースです。特徴はなんといっても壁ですね。まるでひとつの大きいキャンパスに描かれた絵画に鏡を取り付けたようになっています。壁はたしかに派手ですが洗面台がシンプルなのでごちゃっとせず、まとまりのあるおしゃれな空間に仕上がっています。

アートな洗面台

Lopez Duplan Arquitectosが手掛けた浴室
Lopez Duplan Arquitectos

Departamento Polanco 1

Lopez Duplan Arquitectos

こちらはメキシコのLOPEZ DUPLAN ARQUITECTOSが手掛けた住宅の洗面スペースです。こちらの住宅はいたるところに絵画が飾ってあり、どこにいてもアートを感じることができる空間となっています。こちらの空間にもアートが溢れています。白い壁や赤い棚の洗面台に洗面ボールが埋め込んであることでシャープな印象も与えてくれます。

洗面台もお洒落にしたいと思っていただけたでしょうか?ぜひ感想をお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!