諏訪の住宅: 井上洋介建築研究所が手掛けた庭です。

内部と外部がゆるやかにつながるシンプルでナチュラルな家

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、住まいの内部と外部に一体感があり、室内にいても屋外のような心地よさが楽しめる家です。デッキテラスや庭で開放感を味わいながらくつろぐことも可能となっており、時間の流れをゆるやかに感じられるリラックスした雰囲気が魅力です。室内と屋外に一体感のある住宅に憧れている方は、家作りのための何かいいアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、東京を拠点に活動している井上洋介建築研究所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見ていきましょう。

シンプルな外観

水平ラインが強調されたデザインとなっているこの住まいの建物。一見平屋建てのように見えますが、囲まれた中庭のある木造2階建ての構造となっています。白い外壁を持ったシンプルな外観は、玄関ポーチを兼ねた広い屋根付きの駐車スペースが印象的。雨の日の作業場としても利用出来そうな雰囲気があります。その駐車スペースの仕切り壁と屋根の隙間から、奥に広がっている開放感のある庭の様子が垣間見られ、住まいは内部に開かれた作りとなっていることを感じさせます。

くつろげるデッキテラス

こちらは玄関ポーチからデッキテラスをのぞんだ様子です。ポーチ脇にある扉を開ければ、住まいの玄関を入らずに直接デッキテラスにアクセスすることが可能となっています。デッキテラスは広々としていて日当たりが良く、外で少しのんびりと過ごしたい時に最適な雰囲気ですね。屋外が快適な季節は、このデッキテラスでくつろぐ機会も多くなっているに違いありません。

中庭と一体化する室内空間

こちらは室内から住まい中央にある庭をのぞんだ様子です。LDKは庭に面して設けられた大きな開口部によって、庭と室内空間が一体となり、室内でも屋外にいるかのような開放的で気持ちの良い雰囲気が味わえます。また住まいの建物は、この庭を囲むように配置されているので、外からの視線が気になることもなく安心して過ごすことが出来ます。太陽の動きや雲の流れを楽しみながら、静かな時間が流れて行きます。

住まいを見渡せるキッチン

深みのある床材や板張りの天井、梁など多くの部分に木の存在感があり、居心地のいい室内空間。シンプルなオープン型のキッチンも、ナチュラルな雰囲気で室内のインテリアによくマッチしていますね。キッチンからは、室内だけでなくデッキテラスや庭の様子もしっかりと見渡せるので、食事の支度をしている時なども家族の輪から孤立することなく、気持ちよく家事や作業に取り組むことが出来ます。

光が入るバスルーム

こちらはタイルが張られたシンプルなデザインのバスルームの様子です。横長のスリット状のハイサイドライトが設けられており、外部の視線を遮りながら快適な自然光の明るさがバスルーム全体に降り注ぎます。洗面スペースとの仕切りはガラスとなっているので、一体感と視覚的な広がりが感じられます。

落ち着きのある和室

こちらはフチなしの畳が敷かれ、シンプルでモダンなデザインの和室の様子です。外からの採光を抑えたことで落ち着きと趣が感じられ、静かな時間を過ごすのに最適な空間となっています。お客様が来た時はゲストルームとしても利用出来、畳の上でゆっくりとくつろいでもらうことが出来そうですね。

開放感がありリラックスして過ごせる快適な家について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!