meine möbelmanufaktur GmbHが手掛けたウォークインクローゼット

今すぐ捨てるべき6つのもの

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

キレイに片付けることはとても大切なことですが、ものが増えていくのであれば限界があります。確かに思い入れのあるものはなかなか捨てににくいものです。そこでこの記事では、とにかく捨てるということに着目し、捨てることに抵抗がなくなるようなものをご紹介したいと思います。この機会に、ぜひ家にある「捨てられる」ものをみつけて、捨てることを習慣化しましょう。

キッチンのスポンジ

まず確認して欲しいのがキッチンのスポンジ。古くなっても使い続けていませんか?食器はキレイなスポンジで洗わなければ効率が悪くなってしまいます。まずスポンジをチェックして、へたっているようであればそのままキッチンの水垢や日々の汚れがたまっている場所を磨いて、ゴミ箱へ入れてください。ヘタッたスポンジを使い続ける理由はひとつもありません。そして捨てる習慣を、ここから始めてみましょう。

古い靴

homifyが手掛けたウォークインクローゼット

次は、少しハードルが高いですが、玄関に行って、靴を見直してみましょう。シューロッカーにパンパンに靴が詰まっていませんか?もしくは玄関にたくさんの靴を出しっぱなしにしていませんか?冷静に考えて履いてい無い靴がたくさんあると思います。ボロボロになったスニーカーは「いつか履くかも」と思うでしょうか、多分二度と履くことはありません。かかとが擦れてしまっても修理していない靴は、多分修理するほど愛着がないはずですので、これも捨ててください。いつも履く靴は自分でわかっていると思いますから、それと特別な時にしか使用しない靴以外は、思い切って捨ててしまいましょう。

古い雑誌

古い雑誌は溜まってく一方です。もし写真のような大きな本棚やシェルフを持つ家であれば、捨てる必要はありません。ほとんどの方はそのようなことはないと思います。雑誌は確かに資料としての価値を感じるものもたくさんあると思います。しかし雑誌ほどたまりやすく、本棚を占有するものはありません。本当に気に入ったものだけを選び、不要な雑誌はどんどん捨てていきましょう。雑誌はたまればたまるほど運びにくく、家から出すのが億劫になるので、早め早めにリサイクルに出しましょう。

写真:畑亮

古いキッチン家電

simplehumanが手掛けたキッチン

キッチンの収納を開けてみてください。奥の方に忘れ去られたキッチン家電が眠っていませんか?もし長いこと使っていないキッチン家電があれば、それも処分してしまいましょう。まだ動くようであればリサイクルに、動かないものであれば自治体のルールに基づいて捨ててください。それ以外にもキッチンの収納にはたくさんの不要なものが眠っているはずです。使い込んで焦げ付くようになってきたフライパンは迷わず処分しましょう。一度使わなくなったものは、二度と使うことはありません。整理されたキッチンのアイディアはこちらを参照してみてください。

期限切れの食品や薬

キッチン家電の処分と同じですが、期限切れの食品や薬は、迷わず捨ててください。写真のようにキレイに整理整頓していれば、消費期限がきれた食品は簡単に見つけることができるでしょう。まずは雑多になっているキッチンの中から賞味期限が切れたものや二度と食べることがないであろうものは、思い切って捨ててしまいましょう。もし必要になったら、買い直せば良いのです。薬も同じく、消費期限が切れたものに関しては使用せず、ルールに基づいた処分をしましょう。

古いベッドリネンやタオル

古いベッドリネンやタオルも、迷わず処分しましょう。例えば穴が空いてしまったベッドリネンをもう一度使うことも、何かに転用することもないと思いませんか?タオルも同じです。古くなったタオルは吸水性が落ち、タオルとして機能しなくなっていませんか?そのようなタオルは雑巾などに転用し、部屋の掃除に使ってください。他にも断捨離のアイディアがありますので、ぜひ参照してみてください。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀      

募集ページはこちら

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!