カントリースタイルのキッチン: URBAN GEARが手掛けたキッチンです。

シンク下収納を最大限に活用しよう

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

シンク下収納は、物が溢れがちなキッチンを使いやすく機能的に整理するために欠かすことが出来ないスペース。キッチンのサイズ、デザインによっても棚の大きさは異なりますが、なるべくいろんな方法を駆使したいものです。今回は、シンク下収納を無駄なく上手に活用するための方法について考えていきます。作り付けの棚も、新築やリフォームで自在に造作する場合も、限りあるスペースを余すところなく使っていきたいですね。

シンク下収納、どれくらいの広さ?

カントリースタイルのキッチン: URBAN GEARが手掛けたキッチンです。
URBAN GEAR

カントリースタイルのキッチン

URBAN GEAR

シンク下収納は、キッチンの広さによっても大きさが変わってくるものです。広々としたキッチンであれば、収納場所もたくさん作れますが、コンパクトサイズでは、それも叶いません。とはいえ、既存の空間を無駄なく使う方法はあります。しっかり活用していきましょう。

こちらのお宅のキッチンは、カントリー調でオーク材が際立つあたたかなデザイン。ワークトップの下は、ざっくりと空いており、木の箱などをはめ込むことで収納としています。カスタマイズの伸びしろが大きいので、使いながら工夫を重ねていけそうですね。

大きな引き出しには調理道具を

John Gauld Photographyが手掛けたキッチン収納
John Gauld Photography

Drawer storage for pans next to Aga cooker

John Gauld Photography

最近のシステムキッチンでは、大きな引き出し付きのものが多くみられます。食器棚がわりに使えたり、大きな引き出しには調理道具もすっぽりとはまったりするため、高さのある鍋などもすっきりと収まりそうです。空間にゆとりがある場合はいいのですが、隙間なくしっかりと物を収めたい場合には、横に立てて仕舞うと、重ねるよりも物の出し入れがしやすくなるため、使いやすくなります。ブックエンドや書類用の収納ボックスを利用すると、自立しづらい蓋などもスマートに収まりますよ。

レンジやオーブンを仕舞うとミニマルに

ミニマルライフを実践されておられる方であれば、キッチンも必要最小限度の物しかなくて、収納に困ることはないかもしれません。こちらは東京の建築家・苅部寛子建築設計事務所の手がけた素敵なお宅。壁に取り付けられたオープンシェルフに、食器や調理道具を収め、シンク下収納にはレンジとトースターのみというシンプルさ。視界を遮りがちな大きなレンジを足下に配置することで、よりすっきりと見せることが可能になります。

Photo: 西川公朗

カスタマイズできるなら棚のサイズはヴァリエーションを付けて

キッチン収納 - LDKにキッズスペースのあるプロヴァンススタイルの家: ジャストの家が手掛けたキッチンです。
ジャストの家

キッチン収納 – LDKにキッズスペースのあるプロヴァンススタイルの家

ジャストの家

キッチンの収納で必要になる棚のサイズは、大小さまざま。いろんな調理器具を持っていらっしゃる方、食材はしっかりストックしておきたいという方は、そうしたものが収まりやすい棚を求められるのではないでしょうか。リフォームや新築で好みに合わせてカスタマイズできるのであれば、シンク下収納の棚のサイズは大小織り交ぜておきたいもの。こちらのキッチンでは、浅い引き出し、深めの引き出し、観音開きになる棚に使うときだけ引き出せる炊飯器を置く棚とバラエティに富んでいます。棚の高さ、サイズに合わせて使い分けられそうですね。

オープンな棚は籠を活用

シンク下収納が引き出しのところも多いですが、逆にオープンシェルフを利用したキッチンでは、引き出しよりも空間を自由に使える、また、使いながらベストな収納ポジションを模索することが可能になります。オープンシェルフでよく起こるのが、棚の奥に入り込んでしまったものが行方不明になったり、見落としてしまったりすること。そうしたことを避けるために、小さなものを収める場合には、籠やボックスを使いましょう。

ダイニング側にはバーカウンター風に使う?

CUISINE ESSENTIELが手掛けたキッチン
CUISINE ESSENTIEL

Niche et déco cave à vin en granit -

CUISINE ESSENTIEL

シンク下収納は、調理する側だけではありません。最近ではオープンキッチンを導入される方も少なくないと思いますが、そうしたデザインの場合、ダイニング側からも使える棚を取り付けると使い勝手も広がります。こちらでは、ワインセラーとドリンク用のグラスや小物がきっちりと収められており、料理をする人を邪魔することなくドリンクの用意ができるようにデザインされています。来客時にも動線を邪魔することがないため、とてもスマートにおもてなしができそうですね。

少しの工夫で使い心地のよいキッチンになります。お試しくださいね。ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!