京唐紙・五三の桐紋様: 樹・中村昌平建築事務所が手掛けたです。

古き良き味わいや技術が生きる。日本の伝統技術が息づいた和の住宅!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

日本の伝統として生まれた技術や意匠には、時代を超えても色あせない魅力があります。現代の技術により簡素化されたり、洋風の意匠も好まれる風潮があったりという流れもあるために現在では本格的な和の意匠や技術が建築に生かされる機会も減りつつあります。古き良き文化を受け継いだ日本家屋は時代を超えても風格と趣を増し、現代でいう「古民家」のようにさらに味わい深い家として受け継がれていくことでしょう。今回ご紹介するのは、樹・中村昌平建築事務所の手がけた「筑西の家」プロジェクトです。京からかみを用いた襖や、手刻みによる構造体など日本ならではの技術が息づいた住宅は本物ならではの味わいが詰まっています。

手刻みの技術が生きる平屋の家

今回ご紹介するのは、木造軸組構法+手刻みによる構造が一番のポイントの住宅です。事前に工場などで原材料を加工しておくプレカットが主流になった現代ですが、昔ながらの手刻みの技法が用いられ、建築家と棟梁によって丁寧に手掛けられました。建てられたのは延床面積167.73㎡のロフト付き平屋住宅。こちらには、ご夫婦と母親の3人が住むことになります。建物の外観を眺めると、深い軒と水平ラインが凜とした美しい佇まいを感じさせます。冬のために雪止めも設けられ、安心して住まうことができる配慮が隅々にまでなされました。

家族がお互いに心地よく暮らせる空間

半二世帯住宅として、ご夫婦とお母様の居住空間はそれぞれに設けられました。その中でキッチン、リビング、和室、浴室を共有スペースとし、お互いのプライベート空間と、つながりを感じられる空間を持ちながら心地よい距離を保てるような設計がなされています。ゲストを多く迎えるお母様のため、玄関ホールを中心に空間を分けることでお互いの距離感が程よく保てるデザインとなっています。共に暮らす家族、ゲストをはじめ外との繋がりとこの家に携わる人々が穏やかに過ごすことができる空間構成が特徴的です。

日当たりを改善し暮らしに豊かさをもたらした庭

今回の計画は、敷地内に酒店舗を併設した住宅の建て替えから生まれたものです。敷地内では酒店舗が優先的な環境だったため、倉庫と店の間に挟まれた住宅は日当たりも悪く、庭のスペースはほぼありませんでした。そこで今回は以前の環境を改善し少しでも住環境を改善させるべく、陽当たりを重視した設計がなされています。建て替えとともに庭を設けることで以前の悩みも解消され、南から北へと風が通る光も風通しも心地良い家となりました。冬には紅葉する常緑の南天、モノトーンの色が美しいみかげ砕石、そして柔らかな木格子のコラボレーションで寂しげな雰囲気になりがちな冬でも彩りのある庭に仕上げられています。

手仕事の美しさが生きる玄関ホール

家に入った瞬間の顔とも言える玄関ホールには、大工棟梁や職人の技術が生きるインテリアに仕上げられています。真新しい木の色が新鮮な、無垢材がたっぷりと使われた空間に黒の壁がモダンなコントラストを生み出しています。襖には桐模様の京からかみがあしらわれ、くすんだ金色の味わいが黒の背景に映え、空間のポイントとなりました。こちらの襖自体も手仕事で製作され、家全体に工業生産から生まれた素材ではなく、自然由来の素材を積極的に使用することで100年の時が経っても美しく味わいのある家を目指した住宅に仕上げられています。技術・素材ともに「本物の家」として手がけられた住宅は、経年の変化とともに風格を増す空間となるでしょう。

趣味の空間もインテリアのアクセントに

和の空間として仕上げられながらも、お住まいになるご主人の趣味も効果的に取り入れられています。玄関ホールには趣味の一つである熱帯魚の水槽が設置できるスペースが設けられ、飾り床の間としてインテリアのアクセントとなりました。黒がベースの壁面に収納の朱色が映え、瑞々しさを演出する水槽は住まい手だけでなくゲストの目も楽しませてくれそうです。真裏には専用の洗い場や収納など、手入れのしやすさや機能面も充実してデザインされています。また蔵書やコレクションのミニカーをたっぷりと収納できるロフトも設けられ、心置きなく趣味が楽しめる工夫も随所に取り入れられています。

技術と伝統の生きる、100年後も価値のある住まい

手仕事や自然素材にこだわった和の空間の住まい。地元産の桧や杉などこだわりの木材を使用し、大工棟梁が丁寧に手刻みで手がけた躯体は見えない部分まで「本物」として受け継ぐことのできる構造です。そして仕上げに至っても工業製品ではなく、自然素材や手仕事が隅々まで生きるようたくさんの職方の手で作り上げられた住空間は格別の雰囲気をまといます。その中に水槽を効果的に取り込むなど、モダンさや住まい手の暮らしを豊かにする演出も楽しい工夫がなされました。和の空間を楽しみながら、家族3人が快適で心地よく住まうことができる住空間が見事に実現されています。

FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!