経堂の家: 株式会社FAR EAST [ファーイースト]が手掛けたダイニングです。

コンパクトだけど開放的!バルコニーがお洒落な狭小敷地の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回は、住宅が密接する狭小敷地に建ち、空間を効率よく使うことで実現した、コンパクトながらも快適な住まいをご紹介します。手掛けたのは、東京を拠点に活動する株式会社FAR EASTです。様々な工夫をすることで、空間にゆとりがあり明るいこの住まいには、お洒落なバルコニーも設けられています。室内は一体どんな様子なのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

シンプルな正面の外観

住まいのロケーションは東京の閑静な住宅地。住宅は木造2階建てとなっています。周りは隙間なく住宅が建つ狭小敷地で、この限られた条件の中で、快適な住まいを作るために様々な工夫が必要だったことを思わせます。こちらは、住まいのそんな問題を全く感じさせないような、正面からの眺めです。片流れ屋根に横長の窓、木のドアがアクセントとなったシンプルなデザインで、コンパクトながらも堂々とした印象の佇まいです。

実は個性的なデザインの家

角度を変えて、少し横から見た住まいの外観です。正面から見た感じとは印象がガラリと変わり、実は白と黒の色も形も異なる建物が通り側から重なるように並んで、コンパクトながらもお洒落で個性的なデザインだったということが分かります。道路側以外の3方向は他の敷地や住宅に囲まれ、さらにかなり密接しているというこの住まい。プライバシーを守るため窓の大きさは控えめに、でも位置を工夫して各所に設けられているような印象を受けます。

3つに区切られた室内

2階の室内の様子です。キッチンのある木の空間、窓と造り付けの棚のある白い空間、そして階段部分と、敷地の幅に合わせて住まいが縦に3つのブロックに分けられています。部屋一つ一つに仕切りなどを設けて完全に区切ってしまうと、狭小敷地にある住宅は途端に窮屈に感じてしまいますが、これならその心配がなく快適に過ごせそうですね。

落ち着く雰囲気の2階

2階のLDKを角度を変えて見た様子です。天井とフローリングと一部の壁に木を使い、ナチュラルで落ち着く雰囲気となっています。キッチンはシンク、調理台、コンロを横一列に並べたオープン型のメインと、壁側にカウンターと収納棚等を設置。黒でそろえ、シックでコンパクトにまとまっている印象です。キッチンの前には少し高めのカウンターを設置し、リビングスペースとの区切りとなっています。リビング側の壁には造り付けの台が設けられ、テレビ台や飾り棚として利用出来そう。上部には高窓があり、ここから部屋に十分な明るさを取り込みます。よく見ると、天井はキッチンに向かって低く少し勾配がある作りとなっているのが分かりますね。

光井戸としての明るい階段

板状のステップと側板に、ラインが細い手すりから構成される階段の様子です。天井は吹き抜けとなっており、自然光を各階へと届けるための光井戸としての役割を果たします。ステップ間や手すりに隙間があるシンプルな階段の作りなので、抜け感があり空間に明るさだけでなく風の通りと開放感ももたらしてくれます。狭小敷地で周りが建物に囲まれ、プライバシーのため開口にも制限があるにもかかわらず、随所に工夫を凝らすことで、住まい全体を明るく快適に保つことが出来ているようです。

光を通すお洒落なバルコニー

2階に設けられたお洒落なバルコニー部分の様子です。スチールの板で覆いをしているため、密接している隣家から中の様子をのぞかれる心配はなく安心して過ごせます。バルコニーの床材は、網目状のもの使うことで、バルコニーに光がとどまることなく下へ通過し、1階の窓から室内へも明るさが入ってくるのも効率的です。狭小敷地に建つこのコンパクトな住まいに、バルコニーのようなホッと一息つける場所があると、生活に豊かさが出ますね。身近に空を感じることも出来て開放感も味わえるので、家の中でも特に快適なスペースの一つとなっていることでしょう。

コンパクトで開放的、お洒落なバルコニーのある狭小敷地の住まいについて、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!