河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けた家です。

敷地の高低差を生かした住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

敷地の特徴に合った、またはそれを生かした家づくりは建築家の腕の見せ所です。今回ご紹介するのはSTUDIO POHが手掛けた住まい。ここでは、敷地の高低差を生かし、居室の高さが敷地に合わせて設定されるとともにその高さにあった室が割り当てられることで理想的な生活空間を実現しています。では詳しく見て行きましょう。

​敷地の高低差を生かした空間配置

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けた家です。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

敷地は階段上の地形である河岸段丘上にあり、道路を挟み西側には河川や田園地帯が広がる比較的のどかな場所に位置します。敷地の高低差を生かし、下段レベルには駐車場と書斎、上段レベルに住居ゾーンが配置されています。このように敷地の高低差を生かした空間配置がなされることで、道路側からは生活部分が見えず、リビングと連続するデッキからは西側に広がる景色を堪能できるようになっています。またコンクリートの基壇と木部のコントラスト、シャープな薄い屋根が美しい外観です。

​コンクリートと木部のコントラスト

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けた廊下 & 玄関です。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

駐車場の横に位置するアプローチおよび玄関部分です。タモの練付材と同出目地の水平ラインが強調された玄関ドアおよび内壁がミニマルなコンクリートの外壁にアクセントを加えています。

​田園風景の見渡せるLDK

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けたリビングです。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

LDK入口より全体を見渡した様子です。小さな高低差は住み手の視線を一致させるために設けられました。テラス側全面に配された開口からは十分な採光が得られることがもちろんのこと、西側に広がる田園風景の先まで無限に視界が広がります。住居部分には一定の高さをもつ三連引戸が連続して配置されて窓を大きく開け放つことができるようになっています。また木素材がふんだんに用いられ、あたたかみのある落ち着いた空間でもあります。

​モダンなダイニングキッチン

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けたキッチンです。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

モダンな印象のダイニングキッチン部分。収納部分はすべて大きな扉で覆われており、空間をすっきりと見せることができます。

花火を眺められるデッキテラス

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けたベランダです。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

リビングに連続する広々としたデッキより西側の田園地帯を望んだ様子です。三連引き戸を開放することでLDKスペースとの一体感が高まり、空間がますます広く開放的に感じられます。また華奢な手すりを用いることで風景をより空間に取り込むことに成功しています。ちょうどこの方向に夏に催される街の花火大会を望むことができるそうで、とても贅沢な空間ですね。

​落ち着いた印象の寝室

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けた寝室です。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

こちらはシンプルにすっきりとまとめられた寝室の様子。天井高が低めに抑えられた、落ち着いた印象の空間です。また収納もたっぷり設けられています。

​思う存分愛車を愛でることができる書斎

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けたガレージです。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

下段レベルにある地下室扱いの書斎からはガレージを望むことができるようになっています。ここでは椅子に座った際に視線が車の中心に来るように床レベルが設定されています。大きな開口のあるモダンでクールな印象の空間はまるで高級車の展示場のようですよね。

敷地の高低差を生かした住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!