見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

光と風のフィルターに包まれる「鳳の家」

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

「住宅密集地」と聞くと、どんな状態の地域か想像に難しくありません。例えば、東海道新幹線の車窓から臨む都市に近い駅周辺の住宅地の風景。それは驚く程に住戸の間口が狭いにもかかわらず、その近隣住宅との隙間は目を細める程の幅しかありません。同じような形の同じような外装に、そして隅々まで張りめぐる電線のカーテンに包まれた土地。もちろん夢の戸建とするなら、住みよい形や見た目などを得たいものです。今回ご紹介するのは、大阪府堺市の住宅密集地に建つ木造2階建ての専用住宅です。お施主さんご夫婦の希望は「プライバシーを確保しつつ風と光を取りこみ居心地の良い住まい」という、いたってシンプルなもの。しかし、「住宅密集地」というロケーションにとってはそれは大きな課題でした。そこで、そんな課題に挑んだのは明確な意図の元、住まう人が楽しめる空間づくりを目指す建築設計事務所、ARBOLでした。

未来的な外観

鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた家です。
arbol

鳳の家 House in Otori

arbol

一見してシルバーのガルバリウム板しか見えない住宅外観。住宅地の中の一角にしては珍しさのある風貌ですが、それは「住宅密集地」の中に建つ個性として、住まう人のプライバシーを守ってくれるかっこいいデザインです。単調な風景にちょっとしたスパイスを与えてくれるような存在は、少し未来的で、なにか研究機関のラボのようなかっこよさですよね。

敷地を模る中庭

鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた家です。
arbol

鳳の家 House in Otori

arbol

本住宅には二ヵ所の中庭が設けられています。敷地の角に位置する一つ目の中庭は、敷地の形状に合わせて切り取ったようにめい一杯土地を活かしています。見上げれば空に模られた敷地は、開口のガラスに反射してその形を実際よりも大きく気持ちよく広げています。

浮遊感ある接続

鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた庭です。
arbol

鳳の家 House in Otori

arbol

二つの中庭にはさまれる、二階の室と室を繋ぐ建具のある風景。その風景から建具のある開口を通れば浮遊感を感じ外部との環境の違いのコントラストを楽しむことが出来そうです。そして、クロスするかのような四面の開口を開け放てば、そこからは光も風もたっぷり取り込めます。密集地で外部の視線を気にすることなく開け放てるのはもちろん、その光りと風を通すシルバーのフィルターのおかげです。

光のさす二つの中庭

鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた和室です。
arbol

鳳の家 House in Otori

arbol

密集する住空間において、採光と通風を惜しげもなく得れるのは贅沢な気分にさせてくれます。外観の一見閉鎖的な見た目とは裏腹に、一階部分に居ても植栽の影や揺らめきが感じられる、明るい空間です。晴れた日の日中、家中の開口を開けて空気の総入れ替えだって気兼ねなくできてしまいます。

鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた庭です。
arbol

鳳の家 House in Otori

arbol

夕景の中の中庭を臨む二階のキッチンダイニング。中庭を照らす照明によって植栽が一段と映える、空間です。開口から手を伸ばせば触れる事が簡単な植栽は、住空間のなかで大事な癒しと、安らぎをもたらしてくれます。見た目が未来的だった本住宅の内部は木フローシングや木テーブルにカウンターキッチンの木仕上げなど、温もりで溢れる空間です。要所を照らす照明も静かでリラックスできる雰囲気。光と風を上手に住空間へ取り込んだ家は密集地であることを忘れさせてしまう仕掛けの富んだ奥行ある住まいでした。

光と風を通すフィルターに囲まれた住宅はいかがでしたか?是非コメントをください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!