House - KT: 佐々木達郎建築設計事務所が手掛けた家です。

庭と密接につながることで豊かな内部空間を生んだ「House-KT」

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

本日紹介するのは東京都に拠点を置き活動する佐々木達郎建築設計事務所が、若い家族のために手掛けた住宅です。敷地があるのは九十九里の海岸から少し離れた住宅地で、都心の密集住宅地では得難い広さとゆったりとした時間の流れる場所でした。また南側には隣地の畑が広がりさらに敷地に広がりを与えているなど、外部に開きやすい敷地条件であったことから、外部空間と住宅が密接に関わりを持てるよう計画された住宅です。いったいどんな建物になったのでしょうか、さっそく見ていきましょう。

外観

建物は片流れ屋根の小さなボリュームの集まりです。外観は落ち着いたダークグレーと黒く太いフレーム、そして明るくパッキリした色の木材の組み合わせがユニークで魅力的です。一部を平屋建てとすることで高さを抑え、周辺環境への圧迫感がないように配慮されています。また、そうすることで庭に開かれつつ近付くという密接した関係性作りにもつながっています。敷地南側にある隣家の畑もここでは生き生きとした緑と季節ごとに豊かな実りを付け目を楽しませてくれる借景となっています。

小さな庭があちこちに

こちらの住宅の大きな特徴は、建物を小さく分節しボリュームを雁行させながら配置することで、それぞれのスペースに呼応するたくさんの小さな庭を作り出したという点。斜めのアングルだと建物がずらされて配置されていることがよく分かりますね。生まれた小さな庭は、内部空間のそれぞれの場所に合わせてデザインされています。見るための坪庭やリビングと連続する活動的なデッキテラス、敷地を立体的に繋ぐルーフバルコニー、ダイニングの背景となる植栽などなど… 。こういった内と外の関係を何気ない日常の中にいくつも取り入れることで、生活に豊かさを与えています。

リビングルーム

こちらは家族が集うリビングルーム。ここから見える庭は広々として開放的な姿。吹抜けの天井はリズミカルに流れる梁といつも明るい自然光が差す天窓、木材と白をベースにしたシンプルで清潔感のあるインテリア、そして大きな開口部に広がる緑と青い空がとても気持ちのいい空間です。写真左手奥にあるのがダイニングルーム。

​ダイニングルーム

ダイニングルームはミニマルにまとめた北欧風インテリア。ここから見えるのは坪庭です。正方形の開口部が絵画のように庭の風景を切り取っています。全体的にはシンプルな印象ながら木材の優しさを感じさせるテーブル&チェアや、距離が縮まるベンチシート、ぷっくりしたラインが可愛らしい照明など、優しい気持ちでリラックスできそうな空間です。開口部は敢えて小さくすることで、家族と向かい合い食事やお喋りを楽しめるダイニングルームとなっています。

ウッドデッキ

リビング前に設置されているのがL字型の広々としたウッドデッキです。直線ではなくL字にすることでより庭と密接に関わり合うことができ、またリビングから見た際も視線が誘導され、より伸びやかで広がり感のある庭となります。見通しのいい庭は子どもを遊ばせるのにも安心です。

庭と密接な関係を持つ住宅いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!