ハナミズキ通りの家: 岩瀬アトリエ建築設計事務所 有限会社が手掛けた家です。

店舗併用でも広くて快適な住居を持つ!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

咲き誇る白やピンクの花が美しいハナミズキが並ぶ通りに、この店舗併用住宅はあります。一階に事務所&カフェ、二階が住居となったこちらは、美しい景観を生かした設計とコンクリートを使用したモダンでクールなインテリアが魅力的な建物。住居スペースは二階のみなので十分な広さが無いのでは?とお考えの方、違いますよ。設計したのは埼玉県に拠点を置く岩瀬アトリエ建築設計事務所です。さっそく見ていきましょう。

​外観

外観はコンクリート打放し仕上げとブナの熱加工処理材、漆喰調のマットなホワイト色の塗装で構成されており、モノトーンながらそれぞれ質感の違う素材が組み合わさって豊かな表情を見せています。跳ね出しバルコニーと、二階のリビング・ダイニングの空間を梁のないダイナミックな空間とすることを考慮した結果、構造は壁式RC造となりました。

​跳ね出しバルコニー

バルコニーの手摺も外壁と同様のブナを使った縦格子。この格子デザインはそのまま一階の事務所&カフェ入口上部の軒天井につながっています。細い縦のラインがシャープさの中に和の落ち着いたテイストも感じさせると同時に、視線が抜けるので周囲の環境にも馴染んだものになっています。また、リビングに面したこのバルコニーは手摺を敢えて低く抑えることで、室内からもダイナミックに美しい景観を楽しむことができる空間となっています。

​キッチン

キッチンがあるのは写真中央コンクリートブロックの向こう。横長の開口部のあるレストランのような半オープンキッチンです。壁のお陰でシンクやコンロなど汚れやすい場所が見えずいつもすっきりとした印象、そして 左右どちらからも出入りできる動線で使いやすく機能的なキッチンとなっています。キッチンからはリビング・ダイニングはもちろんのこと、外部の緑を満喫しながら料理ができるように計画されており、作業もはかどりそう。

リビング&ダイニングルーム

一階が店舗やオフィスである場合、当然ながら住居スペースは縮小せざるを得ませんが、こちらの住宅は水周りや個室を極力小さくまとめ、家族の団欒の場となるダイニング・リビングスペースを最大限に確保しました。リビング・ダイニングは17畳程度のスペースでありながら、天井を建物高さ制限いっぱいまで高くすることでその面積以上に広く感じられる大空間に。 壁及び天井がコンクリート打放しというクールで強い印象の室内ですが、クルパウという南米の堅木独特の縞模様を持つフローリング、部屋の両サイドに設置されたウッドデッキ、その先に見える緑の木々などが一体となって、温かみもある落ち着いた空間となっています。

バスルーム

洗面・浴室・トイレは 敢えて一室にまとめ、それぞれを扉で仕切らないこととリビングと浴槽との壁を透明ガラスとすることで、狭さを感じさせない広がりのある空間となっています。 入浴する時はブラインドで目隠しも可能。こちらもコンクリートが使用されていますが、柔らかい乳青色のガラスの仕切りや浴槽上部のトップライトからの光が、空間を優しく包み込んでリラックスできるバスタイムを演出。

このように限られた床面積の中でも何を最優先するかが明確であれば、快適で豊かな生活空間を作ることは十分に可能なのです。

豊かな住居スペースを持った店舗併用住宅いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!