最小で最強なロフトの作り方は?

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

ロフトは空間を何倍にも活かせるため特に小さいスペースに取り入れられるアイデアです。ロフトベッドのように寝るためだけのスペースに、また特別な時間のためのスペースに・・・その使い方は多様です。みなさんも空間を立体的に使って楽しいロフトのある暮らし、始めてみませんか?

小さな部屋に小さなロフトを作る意味

例えばワンルームのレイアウトをするとき何に重点を置きますか?「くつろげるリビングが何よりも欲しい。」という人は広いリビングスペースを、「家は寝に帰るだけの場所。」という人はゆったりとした大きなベッドを、また、「家は仕事をする場所。」という人はワークスペースが必要になってきます。ワンルームの使い方はそれぞれのライフ スタイルによってさまざまですが面積に限りがあるのですべてをレイアウトするわけにはいきません。では、仕方がないのでリビングにソファベッドを 置きますか?それともワークスペースの横に小さなベッドを置きますか?そんな時に力を貸してくれるのがロフトの存在です。こちらの写真のワンルームは広々とした リビングが魅力的です。ベッドルームはといえば、はしごを上った小さなロフトスペースに作りました。人が一人が寝られるほどの小さなスペースですが、こんなロフトの寝室(?)ならかえって落ち着いて寝ることができるかもしれません。

ロフトをカッコよくコーディネートする

ワンルームのロフトは友達に自慢して見せる場合は別ですが、大抵は人に見られることがない自分だけの場所。そんなロフトで過ごす眠りの前の時間は一番リラックスできるのではないでしょうか?気になって落ち着かなくなるものはリビングに置いておき、ロフトの上では静かに本を読んだり音楽を聞いたりする時間に使いましょう。自分スタイルでカッコよくコーディネートした空間では毎日心地よい眠りにつけるはずです。

マルチ機能のあるロフト

こちらのロフトはポルトガルから。決して広くないワンルームの部屋を自由な発想で大きく使いこなしています。中央の造作物はクローゼット。部屋の間仕切りの役目もあります。そして、そのクローゼットの上には大きなベッドがゆったりと置かれています。これなら友達を呼んでホームパーティーをしても寝室を見られることはありません。広くとった階段は座るための家具としても機能します。

ロフトベッド

家具としてのロフトベッドは日本でも人気がありますがこちらは造作物として造り付けてしまいました。かなり狭い空間ですが必要な物がすべてが揃っています。ミニキッチンの横はワークスペース、ロフトの下はクローゼットとリビング、階段は本棚になっています。まさに一人の時間をとことん楽しむためのスペースと言えますね。

収納を組み合わせる

リビングの入口上部にロフトベッドを作った例がこちらの写真です。ロフトに上る階段に収納機能を持たせ、その全体を一つの家具のように見せています。リビングにベッドルームがあるなんて、ここを訪ねた人には言わないときっとわかりませんね。

はしごか階段か?

ロフトに上る手段をはしごにするか、階段にするか・・・。これは部屋の広さに大きくかかわってきます。階段にする場合面積がとられますからある程度のスペースが必要です。しかしその場合、階段に収納機能を持たせるなどして無駄なく活用することができます。はしごであれば写真のように他の造作部と合わせた素材にすると “ロフトのためのはしご” というイメージがなくなりインテリアのアクセントとして使うことができます。

ロフトの上で極上の時間を過ごす

みなさんのお家には和室はありますか?家を建てる時に、畳のある和室はいらない・・・と思っていてもいつしか畳に座ってお茶を飲むことが恋しいと思う日が来るかもしれません。どんな小さなスペースでも畳敷きの場所があると落ち着きます。こちらのお宅ではロフトに写真のような和の趣のあるスペースを設けました。設計を手掛けたのはシキナミカズヤ建築研究所。こんなロフトならゆっくりお昼寝もしたくなります。

子供達にとってのロフト

子供の時に憧れたものの一つに“ロフト”を挙げる人は多いのではないでしょうか?上から見下ろす風景は小さな子供にとって言葉では表せない興奮が味わえるようです。こちらの写真を見てもロフトが子供たちにとって楽しい遊び場になっているのが分かります。特に柱の枝を残してようにしたアイデアが面白いですね。

小さなロフトのスペース、お気に入りの使い方は見つかりましたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!