玉村の家: arc-dが手掛けたダイニングです。

間接照明を楽しむ家best5 – くつろぎの光で心地よい暮らし!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

空間のデザインにとって、明かりは切っても切り離せない関係にあります。光や照明は空間の心地よさを作る大切な要素のひとつです。いくら美しく素敵なデザインの家であっても、ライティングのバランスによってはインテリアが台無しになってしまうことも。また、心地よさと灯りは密接な関係があり、体は思った以上に光の影響を受け、体の休息に関わります。今回ご紹介するのは、間接照明が彩るくつろぎの空間best5。明るい空間に慣れてしまうと落ち着かないかもしれませんが、夜の時間を居心地よく過ごすための灯りは煌々と光る必要はありません。間接照明でインテリアを引き立たせている素敵なリビングのアイデアを見てみましょう!

北海道の大自然を眺める温もりの住まい

株式会社 ATELIER O2の手がけたこちらの住まいは、小高い丘に位置する牧場に建つ家です。牧草の生い茂る景色と、遠くには海、彼方には駒ヶ岳と豊かな自然がダイナミックに眺められるこちらの環境を抜群に生かすような大きな窓のある家がデザインされました。ファサードは色合いの経年変化を楽しめるウッド素材の外壁材。豊かに広がる自然によく調和しています。連続する大きな窓が広がる室内は、ホワイトが基調のウッドベースで整えられ、広がりを感じる勾配天井が魅力です。天井の躯体を美しいグラデーションで照らす照明と、沈みゆく太陽が見せる美しい空の色が織りなすドラマチックな時間はうっとりするようなくつろぎの時間を生み出します。本住宅については「牧場に佇む経年変化を楽しむ家」で詳細をご紹介しています。

素材感を大切にしたスキップフロアの家

AD-HOUSE/株式会社大喜建設によるこちらの住まいは、無垢材の木、古材やタイル、自然素材などバリエーション豊かな素材を生かしたインテリアが特徴です。ダイナミックな木目や力強い古材、肌に触れて心地よい空間はどこにいても落ち着く雰囲気に仕上がりました。ところどころに仕込まれた間接照明は自然素材を優しく照らし、目に眩しくない柔らかな光が癒しの環境を作ります。光のメリハリが生きるインテリアで、夜の時間をより楽しめる空間が魅力たっぷりの住まいです。本住宅については「スキップフロアが生み出す贅沢空間の家」で他の写真をご覧いただけます。

自然の中に佇む和モダンの平家

深い軒の大屋根が印象的な佇まいのこちらの平家。開けた自然の中にあり、どこか神秘的な雰囲気をまとった住まいです。SCHRI KAKINUMAは自然光が広がりを持つ自然素材をたっぷりと使ったインテリアや、和モダンのディテールや雰囲気が家の個性を引き立たせる空間をデザイン。「必要最低限」で幻想的に空間を照らすライティングは、塗り壁や木の持つ深みのある味わいをたっぷりと演出しています。どこかアトリエやギャラリーのような、時が静かに流れるような空気が流れるアーティスティックな空間に仕上がりました。本住宅については「静かな自然の中に佇む、素材と光が生きる和モダンな家」で詳細をご紹介しています。

抜け感と光が生み出す心地よい住まい

玉村の家: arc-dが手掛けたダイニングです。
arc-d

玉村の家

arc-d

約40年ほど前に開発された分譲地にあるこちらの住まい。穏やかな田園風景と、周囲には年を重ねた家々が共存する環境にありました。ARC-Dは徐々に新しく生まれ変わりつつある周辺環境の中、南側の駐車スペースと北側の空き地に挟まれたこちらの家を阻むことなく適度な「抜け」を持つ家をデザインしています。ボリュームを2つに分け、程よいオープンな雰囲気と光、風の抜ける心地よさが魅力です。さまざまな方向にある開口からは、昼間はたっぷりの自然光が溢れ、夜は間接照明によってふんわりと北欧モダンなインテリアが引き立ち、安らぎのある空間が生まれました。本住宅については「ほど良い抜け感と閉じ感が魅力的な住まい」で詳細をご紹介しています。

風景を受け止めるモダンな平屋の家

加須の家: arc-dが手掛けたリビングです。
arc-d

加須の家

arc-d

ARC-Dによるこちらの家は、田んぼの風景の中にあり、ブラックとホワイトの色合いと緑の芝生のコントラストが美しいモダンな佇まいが魅力です。メインのボリュームは大きく角度のある斜めのファサードがポイントであり、豊かな自然の景色を受け止めるような暖かさを感じます。室内は庭に面しているLDKと、土間を挟んで小上がりになっている箱があり、中央には薪ストーブが空間をまとめモダンで温かさのあるインテリアが個性的。角度を持った開口には間接照明が仕掛けられ、空間を演出しながら緩やかにゾーニングが分けられました。家の中にさまざまな場所で安らぎとくつろげる空間があり、目に広がりを感じる開放的な住まいに仕上がっています。本住宅については「風景に馴染むモダンな平屋建ての家」で詳細をご紹介しています。

間接照明の安らぎのある光とインテリアに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!