見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

モノトーンが際立つ!狭小敷地に建つお洒落な都市型住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

周りが隣家に囲まれている狭小敷地に住まいを建てる時、どのような工夫をすれば快適な生活が送れるのでしょうか? 今回は、3方向が建物に囲まれているという限られた条件の中、上手に空間を利用して実現された都市型住宅をご紹介します。手掛けたのは、横浜を拠点に活動する秦野浩司建築設計事務所です。狭小敷地ながらも、住まいに必要なものは全てこの建物の中にコンパクトにおさまっています。プライバシーもしっかりと確保しデザインもお洒落なこの住まい、一体どんな様子なのでしょうか?さっそく見ていきましょう!

凛としたモノトーンの外観

ロケーションは神奈川県川崎市。道路側以外の3面に隣家が建つという、極めて制限された狭小敷地に建っている住まいの様子です。敷地は間口が4.5m、奥行きが14mという奥まった長方形。住まいは3階建てとなっており、住宅構成は1階に3.6mの間口で屋根つきの駐車場があり、2階はLDKスペース、3階は寝室と子供部屋が配置されています。白い台に黒の2階建ての家が載せられているかのようなユニークなデザインの外観で、モノトーンが家の輪郭をくっきりと浮かび上がらせ、凛とした佇まいをしていますね。

直線的に配置されたLDK

2階に位置するLDKの様子です。リビング・ダイニング・キッチンが奥へ向かって直線的に連続している配置で、奥にはキッチンが見えます。リビングの天井は吹き抜けになっており、少し高さがついていることで部屋を広々とした印象に見せています。逆に奥に位置するダイニングキッチンの上部にはロフトスペースが設けられ、同じ2階でも、空間使いに工夫を見ることが出来るようになっています。

あると便利な書斎スペース

2階リビングの道路側の壁に向かって机が造り付けられた書斎スペースです。壁に面して机を設けることで、部屋に余計な家具を置く必要がなくなり、空間をスッキリと見せるので便利ですね。横の開口からは、バルコニーへ出られるようになっています。狭小敷地に建つ住まいであってもバルコニーがあると、外の景色を眺めたり気分転換がしやすかったりするので、住まい作りにとっての大事なポイントですね。

明るいキッチンスペース

キッチン側から見た2階の様子です。白を基調としたシンプルなオープンキッチンは、階段の側、そしてリビングに向かうように配置されているので、家族とのコミュニケーションも取りやすそうですね。リビングの開口からは、十分な光が差し込み、空間は明るい雰囲気となっています。お母さんがキッチンに立って料理をしていても、このレイアウトなら2階全体が見渡せ、家族の様子をうかがうことが出来て安心です。

広々としたロフトスペース

ダイニングキッチンの上に位置する広々としたロフトスペース。大きな造り付けの棚やベンチにもなりそうな台が設けられ、家族のリラックススペースやフリースペースとして大いに活躍しそうです。棚の横に窓も設けられ、またリビングの窓からこのロフトスペースにも光が差しこんでくるため、明るい空間となっています。

将来的に区切ることが可能な子供部屋

3階にある子供部屋の様子です。木のフローリングと白い壁と天井で構成され、シンプルながらも明るい空間です。入口の扉が2つありますが、これは将来的に部屋を2部屋に区切ることが出来るようにするため。ちょうど真ん中に仕切りを設置すれば、部屋が左右対称に2つに分けられ、各部屋にきちんと窓も付いた小部屋が出来上がりますね。この住まいは、狭小敷地にありコンパクトな建物にならざるを得ないながらも、家族のライフステージに合わせた変化に対応できるような、素敵な都市型住宅と言えますね。

モノトーンがお洒落な、狭小敷地に建つ都市型住宅についていかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!