お客様の到着間近!そんな時の掃除のコツは?

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

いつでも家が片付いていて、どこもかしこもピカピカ!という人には問題ないのですが、大抵は、お客様が来る前に片付けたり掃除をしなければならないのが普通でしょう。でもお客様のために買い出しや食事の準備などをしていたら、部屋の準備がまだ整っていない!とパニックになり、何から手をつけて良いのか分からなくまります。そんな時こそ落ち着いて、掃除するためのポイントをご紹介します。また、家が好印象になるためのコツも加えて見ていきましょう。

テレビの埃を拭き取る

常に掃除機をかけていても、埃がたまってしまうのがテレビのスクリーンやその周辺です。静電気のためでしょうか、日中の自然光の中で見ると、うっすらと埃が積もっていることもしばしば。埃掃除にお勧めなのは、マイクロファイバーのようなモップ。表面を一拭きするだけで、十分綺麗になります。お客様の到着がもうすぐ、というような緊急事態にもストレスなく掃除できるために、日頃から便利なお掃除グッズを家に置いてあると心強いですね。

バスルームの掃除

お客様が使われる、洗面所やトイレなどの水回りは、特に清潔感を保ち好印象を演出したいですね。一番気になるのは、洗面所のなどのシンクの水垢で、水が硬質な地域にお住いの方は、お悩みの方も多いと思います。これを除去するには、クエン酸とメラミンスポンジがお勧めです。クエン酸を沸騰したお湯コップ一杯にとかし、シンクに回し入れます。その後メラミンスポンじでさっとふき取ると、シンクが綺麗になります。こちらの洗面所はタイラヤスヒロ建築設計事務所によるもの。木材をふんだんに使われた、ナチュラルな北欧スタイルがお洒落ですね。

ペットの毛を取り除く

ペットは家族の一員として、家族を癒してくれるかけがえのない存在ですが、犬や猫などの動物の場合はその毛に悩まされることもあります。ソファーなどについた抜け毛は、お客様に不快な思いをさせないためにも、ぜひ除去しておきたいもの。そんな時に便利なのがコロコロクリーナー。粘着テープのついたローラーが、ペットの毛だけでなく、人間の髪の毛も綺麗にとってくれます。床だけではなく、ソファの表面も忘れずに綺麗にしておきましょう。

汚れた食器は?

FUKAYA house: AIDAHO Inc.が手掛けたキッチンです。
AIDAHO Inc.

FUKAYA house

AIDAHO Inc.

調理は終わったけれど、その後片付けがまだ終わっていないという時、汚れた食器や調理器具などは、時間があればさっと洗ってしまうのがベストです。しかし時間に余裕がない時は、すべて食洗機に入れるなどして、お客様の目につかないようにしておきましょう。そしてその後、調理台などを素早く拭いておくと良いでしょう。

雰囲気作り

片付けや掃除が終わったら、次は雰囲気作りに取り掛かりましょう。ちょうど良い加減でライトをつけておいたり、キャンドルを取り出しておいたりしましょう。キャンドルは夕食など、夜のお客様の場合はもちろん、お昼のお客様の場合でも、雰囲気作りに効果的なのでお勧めです。

良い香りで好印象を演出

掃除機をかけたり、食事の準備をしたりすると、窓を閉め切っていることの多い今の時期は特に、部屋ににおいがこもります。そんな時は一度窓を開け切って、空気を入れ替えましょう。新鮮な空気を取り入れたら、もうそれで十分なのですが、雰囲気作りのために良い香りを漂わせたいという方は、アロマキャンドルやお香などを用いても良いでしょう。このように生花があるとなお良いですね。香りは好みもありますし、食事の邪魔にならないよう、ほんのり香る程度にしましょう。

視線を引くポイント作り

Jana Mironowitzが手掛けたリビングルーム
Jana Mironowitz

Der Zauber des Orients

Jana Mironowitz

もし真鍮などピカピカ光る素材のデコレーションをお持ちの場合は、ぜひ取り出して飾っておきましょう。人の目はかなり選別的に機能しており、視界に入るものすべてを見ているわけではありません。しかし輝いているものがあるとそちらに気を取られ、他のものが見えにくくなります。意図的に視線を惹きつけるものを用意しておくと、見られたくないコーナーなどを目立たなくさせるのに役立ちます。このように、銀色のお皿の上にキャンドルを並べると、キラキラ度がさらに増し、注意を引くポイントとしての効果がさらに陪乗されますね。

普段から便利な掃除グッズを揃えておくと心強いですね。コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!