FNKS-HOUSE: 門一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

白くさわやかな雰囲気が魅力のシンプルな平屋

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、真っ白で清々しい外観が印象的となったシンプルでモダンな平屋の住まいです。室内は吹き抜けでゆったりとした雰囲気が漂っており、またプライバシーの確保された庭もある居心地のいい作りが特徴となっています。シンプルに暮らしを楽しめる家作りを目指している方や、モダンな平屋の住まいに憧れている方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、沖縄県を拠点に活動している門一級建築士事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見ていきましょう。

白くてモダンな平屋

こちらは住まいの外観です。水平ラインを強調したフォルムと、真っ白な外壁をしたシンプルなデザインが印象的な、平屋の住まいとなっています。曇りガラスの仕切りの向こうには庭があり、その庭に面して子供部屋が設けられているということです。曇りガラスの仕切りを設置したことで、屋外の開放感を楽しみながら同時にプライバシーをきちんと確保していることが感じられます。これならお子様の遊び場スペースとしても、安心して伸び伸びと過ごせそうですね。手前の広いスペースは駐車場となっています。

囲まれた庭

こちらはアプローチ部分と反対側にもある庭を中心とした眺めです。南面に設けられた庭は、住まいに快適な風や光を届けてくれます。また塀で囲まれているため、ここでも外部の視線を気にすることなく、屋外の開放感を楽しむことが出来ます。アプローチや塀には琉球石灰岩を使用しているそうで、白いシンプルな外観の素敵なアクセントとなっていますね。

モダンなLDK

こちらはLDKとその奥の和室をのぞんだ様子です。白を基調としたシンプルでモダンなインテリアでまとめられている室内。吹き抜けのゆったりとした天井で、大きな開口が設けられているため開放的な雰囲気です。間接照明を上手く利用した空間演出も感じられます。

いつも快適な空調システム

リビングからダイニングキッチンの眺めです。テレビ台とキッチンはシックな黒が使われており、空間のアクセントとなっています。テレビ台の長さは約8mもあるそうです。吹き抜けの上部には、室内にこもった熱を逃がすための換気扇も設けられています。空気や熱の流れを室内に作り、いつも快適に過ごせるようにきちんと対策が取られているということですね。

機能的なキッチン

キッチンから廊下を見た様子です。オープン型の広々としたキッチンは平屋の住まい全体を見渡せるようになっており、家族とコミュニケーションが取りやすいのが特徴です。キッチンから廊下を介し付きあたりには坪庭を設けています。背面いっぱいに設けられた壁面収納は、物であふれてしまいがちなキッチンをスッキリとさせています。使わないときは戸を閉めておけるので、室内のシンプルでモダンなインテリアの雰囲気を壊さずに済みそうです。

夜の美しい外観

こちらは夜の住まいの様子です。ライトアップされた風景は、真っ白でモダンな住まいの輪郭を光と影のコントラストで美しく浮かび上がらせ、昼間とはまた一味違った幻想的な雰囲気を醸し出しています。この家に住むご家族や近隣の人々をいつも楽しませてくれていることでしょう。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選   

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?   

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

白が印象的な平屋の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!