見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

移動を楽しめる。回遊性のある住宅

An F An F
Loading admin actions …

部屋と部屋をつなぐ回廊。日々の生活で意識したことはあまりないかもしれませんが、設計の工夫で生活を彩る魅力的な空間に変化するかもしれません。窓から見える庭や空間の移動を楽しめる、アクセスと風通しの良い回廊。また、生活する人の存在をいつもそばに感じられるのも大きな魅力です。今回ご紹介する回遊性のある住宅は、部屋の中に閉じこもるよりも家の中をぐるぐる歩き回るのが好きになるような楽しい回廊を備え付けています。

ぐるりと開け放たれたリビングルーム

こちらの住宅では開口部を全面に備え、リビング、ダイニング、キッチンを繋いでいます。三つの住宅スペースをぐるりと回れるように取ることで、広さと贅沢な空間使いを実現しています。広い窓の外には竹林が広がります。開放された高い天井にはロフトがあり、多機能な空間をさらに広々と贅沢に見せています。部屋を仕切らず歩き回れるスペースを多く取ることで、家族が集まりやすいリビングルームとなっています。

日本の伝統的な回廊

バリアフリー和風住宅/地の家: 森村厚建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
森村厚建築設計事務所

バリアフリー和風住宅/地の家

森村厚建築設計事務所

森村厚建築設計事務所が提案するのは、日本の伝統的な様式の回廊です。深い軒下と縁側を備え、部屋の周りをぐるりと取り囲むように設計された廊下。そこは、ただの空白な移動空間ではなく、外の景色を楽しみながら住宅内を移動できる情緒のある空間となります。風通しの良さと生活を楽しくするような設計は、今の時代の私たちにも癒しと懐かしさを与えてくれます。部屋の中にいることに飽きたら、こんな回廊を歩いてみて考え事をしてみてもいいかもしれませんね。

縁側がバルコニーに続く

高根の舎Ⅰ‐外観(デッキ側より2): 有限会社中村建築事務所が手掛けた家です。
有限会社中村建築事務所

高根の舎Ⅰ‐外観(デッキ側より2)

有限会社中村建築事務所

伝統工法と自然素材にこだわって建てられたこちらの住宅。こちらでも深い軒下と部屋の周りをぐるりと繋ぐ回廊を備え付け、モダンなテイストの伝統的な設計となっています。しかし廊下と外には壁や仕切りはなく、どちらかというと縁側やバルコニーに近い場所です。開放感あふれる縁側の回廊はリビングルームから見えるバルコニーに続き、コの字型の設計で家族が集まりやすい親しみを感じさせる空間になっています。人の移動を促進し、しかしどの部屋にいても家族の空間を感じさせるような設計となっています。

囲みながら抜ける、安心感のある回廊

『囲みながら抜ける』をテーマに建てられたこちらの住宅には、外と中を曖昧にする中間地点のようなバルコニーを備えています。屋根のあるバルコニーは外部吹き抜けに隣接し、外側から部屋と部屋を繋ぎます。内側に回廊と開口部を持つことで、壁に囲まれた安心感のある住宅でありながら移動しやすく開放的な住宅を作り出しました。内側の回廊は、住む人に個人的空間の保護と外部から閉ざされた静けさの感覚をあたえるでしょう。

プライバシーを守る、屋内回廊

印象的ないくつかの階段をそなえたこちらの住宅。住宅密集地に位置しながらもプライバシーを守りたいというクライアントの要望に応えています。限られたスペースと敷地でも採光と通風を確保し、屋内に入り組んだ設計をすることで、外から見えない安心感と家族空間に必要な抜けのある空間をつくりだしています。リビングにはステップフロアの階段やバルコニーを多く取り入れ、住宅に立体感をもたせることで、狭苦しさのない遊びのある移動空間を実現しました。

自然を楽しむ遊びの空間

こちらの住居は三方を山に囲まれており、歴史ある町の雰囲気と自然を屋内に取り込むことができるような作りとなっています。階段は住居の中心となるリビングルームをぐるりと取り囲むように設計され、一階と二階の中間には大きな窓をそなえた踊り場を持ちます。一階と二階の空間を仕切らず吹き抜けや小窓を多く用いることで、住む人同士が互いの気配をそばに感じられるようになっています。

中庭を取り囲む住宅

中庭: SDが手掛けた庭です。
SD

中庭

SD
SD
SD

住宅密集地や町に敷地を持ちながら開放感と回遊性を実現するなら、コの字型の住宅がおすすめです。中庭から十分な光と風通しを取り入れることができ、なおかつ庭に面した窓は住宅に部屋と部屋をつなぐ空白のスペースを上手く利用した開放感を与えることができます。限られた敷地に立体感を演出することで住宅の空間の広さをよりダイナミックに表現することができるようになります。

日本様式のモダンな形

こちらの住宅は、セカンドライフを悠々自適に楽しむことを意識して作られました。木の質感や香りはゆったりとしたリラックスできる雰囲気を生み出します。部屋をつなぐこちらの回廊は古くからある日本様式風ですが、住みやすさを考えてよりモダンに設計されています。深い軒下をそなえた情緒ある回廊の開放感は残しつつ、現代の暮らしの便利さ、例えば開放が簡単で便利な窓などを備え、生活する人の暮らしに最適化された設計となっています。廊下であり、リラックスできる一室でもあるのです。

ユニークな空間の持つ循環性

和歌山の住宅 S邸: sprayが手掛けたリビングです。
spray

和歌山の住宅 S邸

spray

こちらの住宅では斬新な部屋の仕切りやステップ、階段の使い方で、住宅に循環性を持たせています。二世帯住宅として設計され、一階はバリアフリー、二階はリビングとワークスペースを備えています。部屋を仕切るのではなく、個室空間とそれ以外のスペースという空間の使い方が、この住宅にユニークな開放感と回廊性を与えています。遊びのあるフロアは、常に家族の気配を感じられる安心感を実現しています。

写真:冨田英次

バルコニーで部屋をつなぐ

耳納の家: ろく設計室が手掛けたリビングです。
ろく設計室

耳納の家

ろく設計室

広い窓が気持ちのいいこちらの住宅では、異なった部屋がバルコニーを中心にし仕切りのない開放感を演出しています。奥のリビングルームとキッチン・ダイニングルームを結び、違う部屋でありながら家族が側にくつろぐ様子を感じられる空間となっています。外の自然を様々な角度から楽しめ、実際以上の広さを感じさせてくれる、爽やかで親しみのある設計です。

回遊性のある住宅について、あなたのコメントをお書きください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!