岩宿の家: arc-dが手掛けたリビングです。

庭を楽しむ家best5 – 自然と一体になって楽しむ暮らし!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

庭は家をより豊かに、魅力的にする要素を持ち合わせています。緑や植物が家の存在感を引き出してくれるのはもちろん、室内だけでなく外部とのつながりや自然と触れ合うことで暮らしの充実感や豊かさはさらに増すこととなるでしょう。住宅の都市化に伴い、密集地が増えることから外部との関わりを持つ家はだんだんに少なくなって来ています。少しでも目に触れる場所に緑があると、安らぎを覚えることは少なくありません。今回ご紹介するのは、庭との関わりを持ち、庭を楽しむ家best5です。自然が身近にあるような、素敵なお家のアイデアを見てみましょう!

1.素朴な自然に溶け込むような家

南側の庭: ihrmkが手掛けた庭です。
ihrmk

南側の庭

ihrmk

IHRMKが手がけた、ウッドとホワイトのモダンでナチュラルな佇まいの家。農業振興地域に指定された場所にあり、周囲には水田やカキ、レモンなどの身がなるような木、水路などの自然に恵まれた敷地がありました。通り抜ける風や、水の流れる音が心地よく、緑との境界を持たないために家と一体感のある景色を生み出す風景が魅力的な環境です。「内外が連続するような」というイメージのもと、一階はガラス張りの壁を多くすることで自然が家に取り込まれたようなファサードが実現。気軽に外へ出て、緑の中で休み、ティータイムを楽しめるような素敵な庭が出来上がりました。本住宅については「homify 360°: 繋がりを生み出す家「風景を通す家」」で詳細をご紹介しています。

2.地域とのつながりを持つことができるフルオープンの家

岩宿の家: arc-dが手掛けたリビングです。
arc-d

岩宿の家

arc-d

高齢のご夫婦と息子さまが住まうためのこちらの家。集落という地域柄、周辺の住民同士のつながりがあり、ご親戚やご近所、デイサービスの方々と日常につながりのある環境です。ARC-Dはこちらの地域の良さを生かしながら、ご家族の住まいも、地域の方々とのつながりも心地よく楽しめるような家をデザイン。大きな屋根の軒下では、開放的に開かれた空間で気軽にゲストを迎えお茶ができるような、温かな雰囲気が溢れる場所が生まれました。庭では畑でご親戚との野菜を育て、収穫する楽しみや、地域の人々との憩いの時間をたっぷりと楽しめる空間は住まい手だけでなくたくさんの人々に愛される家となるでしょう。本住宅については「高齢夫婦を守り人と暮らしを慈しむ家」で詳細をご紹介しています。

3.太陽の恵みをたっぷりと感じられる家

舞多聞の家: Studio Antenaが手掛けた庭です。
Studio Antena

舞多聞の家

Studio Antena

STUDIO ANTENAが手がけたのは、太陽の光を浴び、陽の光に包まれるような家。可能な限り真南に向ける配置とし、1日のうち大半が陽を感じられるようにデザインされました。太陽の光はエネルギーとなり、暮らしに豊かな心を生み出します。たくさんに植えられた木々が影を落とす様子や、庭に向けられ開かれた開口をつなぐ縁側など、気軽に外へ出て楽しめるようなしつらえがなされています。それだけでなく、過剰に光を取り込まないよう、障子など室内への光を和らげる工夫もなされ、たっぷりの光が暮らしの味方になるような空間が生まれました。本住宅については「homify 360°: 気持ちの良い生活を演出する家「舞多聞の家」」で詳細をご紹介しています。

4.大きな木がある中庭を持つ家

住宅のしつらえの中でも大人気の中庭。デッキやタイルなどの仕上げも多くみられますが、こちらは土と芝があり、大きな一本の木が住まい手を見守るような中庭を持つ家です。FRAMEWORK設計事務所はこの中庭の自然環境を生かすよう、自然がまるでそこにあるような、どこかほっとする懐かしい風景を住宅にデザインしました。中庭に面する軒のあるパーゴラや、庭に面する大きな開口など、いつもこの木を見守り、見守られながら暮らしを送ることができる住まいに仕上がっています。本住宅については「中庭から出入りできる解放感のある家」で詳細をご紹介しています。

5.家の造形と自然の景色の間にある住まい

KEITARO MUTO ARCHITECTSが手がけたこちらの家は、レッドゾーン(土砂災害危険区域)にある山の緑が風景の中にある住まいです。サウンドから、危険性だけが警戒されるような環境にありながら、その景色は魅力的な存在感であることを踏まえ、土砂崩れの危険性に耐えられるようなデザインとともに景色を生かす家をデザイン。コンクリートの無骨で素朴な佇まいながら、アート作品のような魅力的な佇まいです。コンクリートの造形性や、大きく張り出した軒下をいかしブランコを設置するなど、土地柄のマイナス面をプラスに転換したユニークな家に仕上がりました。本住宅については「自然と共に暮らす大らかな家」で詳細をご紹介しています。

暮らしと自然が一体になる、素敵な庭のある家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!