上手に味付けされたシンプルな家10選

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

シンプルな料理といえば,調味料を極力控えて、素材の味を最大限に引き出した料理のことをいいます。ではシンプルな家とはどんな家でしょうか?やはりこれも同様に素材の良さを感じられて、家具や色という調味料をできるだけ省いた家といえるでしょう。しかし、大切なことはシンプル=味気ないとならないように、選び抜かれた極上の味付けを家に施してあげなければならないことです。今回は、快適な空間にするため上手に味付けされたシンプルな家を10件ご紹介していきましょう。

S字で仕切られたシンプルな家

こちらの家の中には、二つの同じ間取りの住居がS字の界壁で仕切られるように計画されています。各住居には大きな開口部とトップライトがあり暮らしの中で光の変化を楽しめるようになっています。内装は床以外はすべて白を基調にまとめられています。シンプルに暮らす人が身体にいいものを取り入れるように、シンプルな家には自然の光をたくさん取り入れることが大事なことなのでしょう。

縦横のラインが美しいシンプルな家

こちらの家は建坪率、容積率の制限があるなか中庭をゆったりと囲むように計画された住宅です。設計したのはアトリエ・ノブリル一級建築士事務所。横張りにした木の素材感が白い壁に調和して美しいコントラストを付けています。1階ファサードには窓がなく、玄関のドアを天井までのばすことで縦ラインを作り、階段と2階の板張りの横ラインをより強調して見せています。

写真: ©HIDEKI HIROSE/META+MANIERA

気持ちよく暮らすためのシンプルな家

造り付けの家具と全開にできる大きな開口部、仕切りのない1階リビング、そして、タイル貼りのキッチン・・・すべてが無駄なものを省いていった結果とでもいうようにシンプルに,そしてバランスが良い空間を表現しています。住む家というのは住む人のライフスタイルを反映しているといいます。この家に住む人がシンプルだけれど気持ちよく暮らしているのが簡単に想像できます。

何年住んでも飽きないシンプルな家

ファサードが独特なこの家は磯村建築設計事務所によって設計されました。敷地の高低差が5mほどあり平地がほとんどない敷地であったため建物を地中に埋める計画を選択しました。ファサードはヒノキの羽目板仕上げで、防犯面を考慮して開口部は最小限に押さえています。建築家とクライアントが一緒に考え抜いた結果、何年住んでも飽きない、快適な家ができあがりました。

自分だけの時間のためのシンプルな家

外部からの視線をシャットアウトしたような家「TAH」は鷹取アーキテクトオフィスが手がけました。家の中に無駄なものはありません。壁面の一部となった収納や、トイレ、バス、キッチン、すべてを白にして生活感のないまるで何もないような空間がそこにあります。視線は閉ざされていますがライトコートより入り込む風と光がシンプルな暮らしをより心地よくします。

小さな窓のあるシンプルな家

独特な色の外壁と小さな窓が印象的なこちらの家はラブデザインホームズによって設計されました。外観だけでなく、内装にも控えめに色を施してシンプルだけれど暮らしに楽しさを添えています。そしてシンプルに暮らすには欠かせない太陽の光と自然の風が家中に気持ちよく入り込むように計画されています。特に屋上に作られたテラスはプライベートを保ちつつ小さな公園のような趣があります。

海が見える丘に建つシンプルな家

Y7-house 「海の見えるセカンドハウス」: Architect Show co.,Ltdが手掛けた家です。
Architect Show co.,Ltd

Y7-house 「海の見えるセカンドハウス」

Architect Show co.,Ltd

こちらのシンプルな家は海が見渡せる丘の上に立っています。真っ白い外壁が太陽の光で陰影を作りだし、それをさらに効果的に見せるように所々にグレーを配しました。海を見るために作られたと言っても過言でないリビングルームには既製の照明器具は無く、ライン状に施された照明が部屋のシンプルさを表現しています。

写真:Blitz STUDIO Toshihisa Ishii

ストレスのないシンプルな家

シンプルに暮らすとはどういうことでしょうか?最小限の必要なものだけを選び、無駄を省いて暮らすこと・・・。でもそのことが住まうものにとってストレスフリーでなければいけません。気持ちよく暮らすための天井の高いリビング、家中が見渡せるキッチン、明るいダイニング、そして屋根裏のような個室、これらをスキップフロアでつなぐことで可能にしたのがアトリエハコ建築設計事務所。シンプルな外観と同様にシンプルで清潔感のある居住空間が完成しました。

写真:Shinsuke Kera/ Urban Arts

シンプルかつコンパクトな家

「シンプルかつコンパクトな住宅に住みたい。」というクライアントの要望に答えた家がこちらの「PLATE  HOUSE」です。設計した松岡健治一級建築士事務所が一番に考えたことはクライアントのセンスやライフスタイルをより際立たせることができる建物ということでした。そして、外部からの視界を高さのあるフェンスで遮ったにも関わらず、部屋の中に自然光が十分入る計画をし、住む人のライフスタイルにあった暮らしができるように心地よい空間を提供しています。

写真:針金洋介(Techni staff)

好きなものと暮らすシンプルな家

こちらの家は店舗併用住宅です。お店の顔となる入り口建具は内装のイメージに合わせて淡いブルーを選びました。コンクリート仕上げのキッチン、質のいいフローリング張りの床、真鍮のドアノブ、個性的な照明器具、等々暮らす人のシンプルなセンスの良さとこだわりが感じられます。好きなものだけを丁寧に選んでいくと、結局暮らし方もシンプルになっていくのでしょう。

上手に味付けされたシンプルな家10選、いかがでしたか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!