瀬戸田の離れ/古民家再生工事: 株式会社濱田昌範建築設計事務所が手掛けたリビングです。

木のぬくもりを感じる、木目の美しい部屋10選

An F An F
Loading admin actions …

自然の木目を活かした美しい部屋は、私たちの日々の疲れを癒しリフレッシュしてくれるような作用を持っています。木造建築の持つ柔らかさに焦点を当て、今回は美しい木の内装を持つ10の部屋をご紹介いたします。

素材を組み合わせ、弱点を補う家

木の下のマテリアル: Kazuto Nishi Architectsが手掛けた廊下 & 玄関です。
Kazuto Nishi Architects

木の下のマテリアル

Kazuto Nishi Architects

沖縄県にあるこちらの住宅は、一階部分をコンクリート造、二階を木造で構成しています。沖縄県という風土上大型の台風に配慮し、硬質な印象のコンクリート造の中に柔らかくしなやかな印象の木造を組み合わせ、暑さのこもりやすいコンクリート造の弱点を補うよう設計されています。一階リビングルームからも見上げられる木造の屋根の骨組みは、打ちっ放しのコンクリートを使用したリビングルームに優しい印象を与え、心地よい上昇気流を生んでいます。

四面を全て木で造り、独特の雰囲気を生み出す

Ephemeral House: NAADが手掛けたリビングです。
NAAD

Ephemeral House

NAAD

京都の建築家であるNAADが提案するのは、部屋の四面を全て木造で仕上げた住宅。木目の自然な模様をそのままに生かし、独特の雰囲気があるどこかモダンな空間を作り出しました。あくまでも木の香りをメインに、照明や扉などは極限までシンプルに備え付けられています。木造の階段や柱など古い素材の味を守りつつ、クリーンで滑らかな木造の、新しい可能性を導き出しています。

ガレージを引き立てる木造の内装

こちらのバイクガレージでは壁や屋根、柱など床以外の目に見える内装は全て木造で整えられています。ガレージという人工的な空間だからこそ木材で仕上げ、バイクやマシンの美しさを爽やかに引き立ててくれます。目の前の小さな中庭の自然とのコントラストが、吹き抜けの構造と合わさって、屋内と外の区別を無くしてくれるような開放感を感じさせます。意外な場所に木材をふんだんに取り入れることで、印象的でオリジナルな空間を演出することができます。

木が感じさせる力強い建築

薪塀の家 内観 若夫婦のダイニング: 東山明建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
東山明建築設計事務所

薪塀の家 内観 若夫婦のダイニング

東山明建築設計事務所

こちらの二世帯住宅は、約25mの極太の棟木を一直線に通し連続した木架構で支え、木軸の見える平屋の建物になっています。屋根裏に見える木材の枠組みは柔らかい印象と共に力強さも感じさせます。リビングルームには、天然の木材を使用して作ったオーナー手製の家具が使われ、木造の統一感とあたたかみを大事にした雰囲気になっております。丸太を柱として多く使用しており、まるでログハウスのように木の香る建築になっています。

photo:福澤昭嘉

古い棟木の形を楽しむ

古民家を再生して作られたこちらのリビングルーム。天井を取り払った吹き抜け空間に通された棟木は、建設当時から使われていた歴史のあるものです。古い建築の名残を残し、新しく再生した木造の内装との対比が面白い味のあるリビングルームになっています。天井に使われている木材は部分的にすのこ造りになっており、日本建築ならではの風通しのよさを感じさせるすっきりとした空間に仕上がっています。

アジア風の木造建築

こちらの建築では、同じ木造ですがバリのリゾート風、エスニックなヴィラの雰囲気を醸し出しています。色の濃い木材とツヤのある装飾は、住宅をよりムーディで特別なものにしてくれます。インテリアはダークな色味とリゾート感のある家具でシックな印象を与え、広々とした贅沢な空間の使い方と庇の深い木造屋根が建築の大きな特徴となっています。沖縄県の亜熱帯気候を考慮し、風と暑さに対処した設計となっています。

吹き抜け部分に見られる自然な木の柱

広々とした吹き抜けを備えたこちらのリビングルームでは、木材の自然な姿を楽しめるようになっています。吹き抜けを通過する二本の丸太は、リビングルームの大きな特徴になっています。大屋根が作り出すダイナミックな縦の空間に現れる、自然な木目を持った木材は、部屋に柔らかい自然な印象を与えてくれます。自然な木材の美しさと広い空間に癒される、ナチュラルな造りとなっています。

子供達の部屋に柔らかい印象を

子供達の勉強部屋にはどんな内装が良いでしょうか?こちらの住宅では天井にも丁寧に木材を用いて、柔らかい印象のスペースに仕上げています。太陽の光を緩やかに反射する木材の優しい香りは、子供達の勉強部屋や、集中力と時にリフレッシュが必要な仕事のオフィスにもぴったりでしょう。自然の素材を身近に感じることで、子供達は自然に対してより親しみを覚えるでしょう。優しい印象の天然木は家族の空間をより温かいものにしてくれます。

白壁が引き立てる木の素材

広い窓と縁側を備えるこちらの住宅は、大屋根造りの広い空間が魅力です。田んぼや小川の多い近隣環境を考え、自然体で居心地よく暮らせる建物を意識しています。天井と床にのみ木材を使用することで、白壁とのコントラストを生み、縦の空間をより強調しています。木造建築は自然な日々のくらしによく馴染み、住む人に安心感を与えます。広い窓は大きく開け放つことが可能で、外の田園風景と吹き抜ける風を住居に取り入れることが出来ます。

自然と一体となる家

屋根の深い軒下のダイニングルームは、全て天然木でつくられています。自然の素材で作られたダイニングルームは、外の景色と一体となったような印象を与えるでしょう。太陽の光と風を十分に取り入れることができ、自然を感じながらのんびりとした時を過ごせます。流れるような滑らかな木目は、緑の眩しい外の光を優しく反射し、住居に暖かな光を与えます。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀      

募集ページはこちら

木造の建築についてどう思いますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!