江戸川区K邸: スタジオ・スペース・クラフトが手掛けた木造住宅です。

狭小地に建つ上質な終の棲家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

子育てが終った夫婦が迎えた第二の人生。そんな二人に必要なのは大きな家ではありません。小さくても上質で温かみがあり丁寧に暮していくための住まい。ご紹介するのはスタジオ・スペース・クラフトが手がけた狭小地に建て替えられた都市型住宅で、コンパクトながらほっこりするような雰囲気が魅力的です。

ほっこり感を漂わせる杉板の外壁

以前は3階建てだった住まいを建て替えて歳を重ねたご夫婦にぴったりの2階建てにサイズダウンしました。ソリッドな印象の外観ですが自然の風合い豊かな杉板張りで仕上げることで雰囲気を和らげた目を引く佇まいです。道路に面して大きな開口を設けた庭空間は木塀で緩やかに囲んで視線を遮っています。これからの生活のことも考慮し、地盤面となるべくフラットに続く住空間を意識したデザインです。「狭小地に建つ自然派住宅」も、木板張りの外壁が存在感のある佇まいを見せるコンパクトな住まい。是非ご覧ください。

広がりをもたらす吹抜け

建築家・増沢洵氏による最小限住宅「9坪ハウス」を思わせるような吹抜けと障子が印象的な生活空間です。高窓にも障子を設け柔らかな光が空間全体を包み込みます。モノや情報に溢れた今の時代、自分たちに必要なものだけを選び、身の回りに置いたシンプルライフほど贅沢と言えるのかもしれません。

暮しやすい単純明快な間取り

リビングの隣は小上がりのあるタタミコーナー。下部には収納スペースを確保し限られた面積を最大現に利用しています。主な収納も造り付けにすることですっきりとした空間に。機能的なキッチンのワークトップと一体化した木製のダイニングテーブルは小上がりの部分に座って使えるようになっており、コンパクトなスペースを賢く利用しています。ワンルームタイプのLDKですが、異なる天井の高さや仕上げによってメリハリのある変化に富んだ空間を形成しています。

小さなスペースも最大限に生かす

リビングの片隅にはちょっとしたワークスペースを配置。造作のカウンターや棚ですっきりと。単純明快な間取りに加えてメンテナンスの楽なデザインを採用することで、ご夫婦が暮しやすい住まいに仕上がっています。 木造の軸組をあえて見せたナチュラルなテイストにアイアンの手摺などを加えた熟れた雰囲気を添えた家、ほっこりしますよね。途中まで蹴込み板なしの軽やかさを出した階段を上がると2階の寝室に続きます。

庭空間のある都市型住宅を楽しむ

掃き出し窓を開ければ庭空間と繋がり吹抜けと共に面積以上の広がりを感じさせる心地良い住まい。歳を重ねた夫婦が辿りついた究極の終の棲家は、心落ち着く豊かな暮らしを演出してくれるシンプルな間取りとデザイン。本当に必要なものを教えてくれるような狭小地に建つ住宅、是非参考にしてくださいね。

夫婦二人で仲良く暮す様子が想像できそうな可愛らしい住宅。皆さんはどんな感想を持ちましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!