内部と外部、コントラストの効いた住宅「カベの家」

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

「理想の家」とはひと口には語りきれないテーマですよね。世代や実際の敷地、家族構成に予算など、様々な要素との折り合いやバランスを見ながら「理想」へ近づけるのは大変な事でもあります。住み始めた頃と数年後の身体の変化を考えると、住まいの柔軟性というものが大事な要素でもあるのかもしれません。今回ご紹介するのは、シンプルでモダンな無駄のないコンパクトな住宅です。住まう人の「理想」を一番に、耳を傾け考えてくれたのは、C LAB.タカセモトヒデ建築設計でした。お施主さんの要望を受け止めその土地の特性に合った住宅の提案です。

パースの効いた外観

パースの効いたシャープな住宅外観。その見た目はシンプルで黒くキリッとしたクールな印象に。そして、前面道路に向かって開口がないことからプライベートな空間を重視した外観です。また、ガレージ部分の仕上げは、全体のクールさの中に木目が柔らかさをプラスして、スタイリッシュでモダンな雰囲気を与えてくれます。

大きな梁のあるシンプルな室

住宅外観とは相反して明るく気持ちがいい住空間です。天井の構造現わしにトップライトは空間に奥行を感じる事が出来ます。人の目線に設ける開口とは違ってトップライトから得る光や空の雲が流れる様子は、日常の喧騒と分離された雰囲気で、心休まる場所かもしれません。明るい木フローリングは外観に反してナチュラルでフレッシュな印象の空間です。

透明感のあるダイニングキッチン

白い壁が際立つ透明感ある気持ちの良いキッチンダイニングです。個室の床よりも渋く濃いめの木フローリングは空間にコントラストを意識させ、空間を引き締めてくれるかのようです。シルバーのシステムキッチンやガラス板のテーブル、白いイスなど、全体的にモダンで調和のとれた空間です。そしてダイニングテーブルを照らすインパクトある照明まで、思わず「カッコイイ空間」と呼びたくなるキッチンダイニングです。

間接照明とモダンなリビング

こちらもキッチン同様、濃いめの木フローリングに白い壁の内装。空間を分離する床から天井めい一杯まで伸びる建具は、その見た目にも関わらず開閉は容易です。状況に合わせてリビングや応接室など柔軟に変化できる空間です。天井を照らす間接照明に括り付けカウンター戸棚はモダンな雰囲気を放ちます。

テラスを共有するダイニングキッチンとリビング

テラスから眺めるダイニングキッチンとリビング。実際に空間は接続している双方ですが、状況に応じて変化する室です。まるで田の字型のように区切られた空間は、開口を開け放ちテラスまで含めばそこは一室のように広いスペースを作ることが可能です。友人を招いてパーティーを開いたり、家族でゆったり夕涼んだり、フレキシブルな空間で用途は尽きません。またテラスと室内の床の高低差を感じられず、将来的にもバリアフリーに過ごすことが出来そうです。

モダンでコントラストのある住宅はいかがでしたか?是非ご意見お聞かせください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!