FP: 株式会社リオタデザインが手掛けた庭です。

夢のようなコレクションを楽しめる家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

大切なものは何でしょうか。家族や恋人、友人といった掛け替えのないものを除けば、それはいつも使っているお気に入りのものかもしれません。そんな大切なものは誰もが失いたくないでしょう。だからこそ常にその姿を見ていたいものです。そこで紹介したい家は、大切なものを身近に感じられる住まいです。それは心地良い空間も実現させた特別な家となりました。

今回紹介したいのは株式会社リオタデザインが手がけた家です。家が建てられたのは埼玉県の川越市。多くの住宅が建ち並ぶ住宅地に建てられました。そんな場所では本住宅は少し目を引くかもしれません。木造2階建てで箱型の形をした建物は、玄関などごく一部を除けば黒色にまとめられています。黒色の外壁の上にあるのは大きさの違う不規則に並ぶ窓。それ以外に目立つものはなく、そのシンプルなフォルムが印象に残ります。そしてモダンな家の印象を受けるでしょう。

プライバシーを守る外壁

モダンな建物ですが、それは中の様子をうかがうことはできないでしょう。外壁の上にあるのは小さな窓で、それも数は多くありません。住宅街にある交差点の脇に建てられた本住宅は、行き交う人や隣家から家の様子が見られる可能性がありました。ですが、このように窓を少なくすることで、プライバシーを守れるようになっているのです。

最も身近な自然となる中庭

黒く窓の少ない外観の家ですが、その内側は決して暗い訳ではありません。家の中に入ると見えるのは中心部に造られた中庭。そこは屋根が無いため暖かな太陽の光が射し込んでいます。そんな光は中庭を囲む窓によって家全体に伝えられます。また中庭には木が植えられています。そのため家の中を動けば、いつも見ることになるのは植えられた木。それは生活にとって最も身近な自然となって、ここでの生活に潤いを与えてくれるでしょう。

くつろぎの場所、バスルーム

このような中庭ですが、他にも重要な役割を果たします。それが役立つのは入浴の時。バスルームは中庭の横にあり、窓越しにそれを眺めることができます。ここでは窓を開けても、外から覗かれることはありません。そのため外の風を感じながら、露天風呂のように湯船に浸かることもできます。そして開放感時を感じながら、くつろぎの時間を過ごすことができるでしょう。

愛車を眺められる家

本住宅で忘れていけないのはクライアントの要望を実現させた車庫です。家の中に組み込まれた車庫には幾つかの窓が付けられています。窓があるのは家や中庭との境界部分。窓越しには車庫に停められた愛車を見ることができます。そのため家にいれば、大切な愛車をいつでも見ることができます。ここでは大切なコレクションを眺める機能が備えられているのです。

心地良い暮らしを可能にする家

本住宅で考えられているのは心地良さ。ここでは愛車の存在を常に感じながら、生活することができます。それは大切なものに対する思いを満足させてくれるでしょう。また、それだけでなく家の中にある小さな自然もいつも見ることができます。このように、小さな自然や大切なものを身近に感じさえることで、心地良い暮らしを可能にしてくれるのです。

撮影:新澤一平

大切なものを眺められる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!