見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ミニマルで居心地のいい部屋

An F An F
Loading admin actions …

限られたスペースを上手に使って作る、あなたにぴったり合わせた空間。まるで秘密基地のようにミニマルで居心地がよく、実用性も兼ね備えています。仕事や書斎、自室など、使いやすくも居心地の良いミニマルな空間をご紹介いたします。

ちいさくつくる家

ちいさくつくる家: 清水建築設計室が手掛けたリビングです。
清水建築設計室

ちいさくつくる家

清水建築設計室

清水建築設計室のちいさくつくる家は、建てるときも暮らすときも最小限のコストを意識して建てられています。建物は小さくとも、敷地の余白を大きくすることにより風通しや日当たりの確保、プライバシーの保護を可能にしています。余計なものの無い内装には、静岡市産で葉がらしを行い天然乾燥させたスギとヒノキを使っており、生活の中に自然の香りをプラスしてくれます。建物は小さくまとめながらすっきりとした開放感を作り出しています。

空間に遊び心のある部屋

遊び心のある子供部屋は多くのお子さんにとっての夢でしょう。こちらの部屋では小さな空間を生かし小物置き場を作ったり、小さな渡り廊下、部屋の中にある小窓を備えています。小さなスペースの余白をどんな空間にしようか?与えられた空間をどうしようか?と考えることは、子供のようなクリエイティビティを育てます。住む人の性格やライフスタイルに合わせた空間作りは居心地のいい部屋につながっていきます。

見せる収納

玄関にたっぷりと収納スペースをとったこちらの空間は、モダンな雰囲気と暮らしやすさが共存しています。収納スペースをどう取るか?というのは家を建てる際の重要なポイントですが、このように見せる収納を採用することで、遊びと生活感の温かみのある空間が生まれます。玄関に本棚を置くことは斬新なアイディアのように思えますが、出かけ際に資料を持ち出す際などの利便性も考えられています。

地形に馴染んだ落ち着ける空間

急な坂道が続く前面道路に面したこの住宅では、スキップフロアによって地形のレベルを馴染ませています。地形を生かし細かい段差を設けることで、独特な形の居心地の良い空間を作り出しています。中庭の木々を豊かにしており、各部屋からの眺望を楽しむことができます。限られた地形とスペースにありながら、ユニークで落ち着いた雰囲気の良い書斎スペースが出来上がっています。自分だけの空間を作れる、家具選びや部屋作りの楽しいお部屋です。

ロールスクリーンを使った自由な居間

東西のバルコニーからの光と風をふんだんに取り入れるため、こちらの部屋では自由な間切りで空間を仕切っています。例えば、キッチン・ダイニング間はロールスクリーンで仕切り、リビングダイニングを客間として使用できます。居間とリビングダイニング間に段差を作り、空間を閉鎖することなく開放的なリビングに仕上がっています。お子様が自由に走り回れる、広く取られたスペースが魅力です。

縦の空間を上手く使った住宅

こちらの部屋では、ロフトを複数取り入れることによって遊びのある面白い空間が出来上がっています。縦のスペースを広く取ることで開放感を得ると同時に、居住の空間も広げています。どんな使い方をしようか?と考えるのも楽しい、わくわくするような設計となっています。住む人のライフスタイルに合わせて、自由な使い方を楽しめるお部屋となっています。

隠す収納

こちらの部屋では、スライド式の収納スペースを採用することで、すっきりとしたモダンな空間を作り出しています。ミラーとシックな色調の壁材を用い、落ち着いた雰囲気のパーソナルなスペースを演出しています。また部分的な照明使いや、ラグジュアリー感のある家具選びも面白いです。限られたスペースだからこそ、余計なものは一切見せずシンプルに魅せる、雰囲気を重要視した空間作りも楽しめます。

中庭に面した小部屋

Antique Gate Houseと名付けられたこちらの住宅では、シンプルな小部屋を広く取った窓で美しく演出しています。中庭に面したこのユニークな空間は、温室としての使用のみならず、お茶を飲んだり、読書をしたりといったリラックススペースとしての使用も考えられます。お家のどの場所にこのようなちょっとしたスペースを取るか?という考察は、個人の住宅での過ごし方を面白く変化させてみる小さなきっかけでもあります。

地域に合わせた居住空間

祭りで有名な大阪の下町にあるこちらの住宅は、周りの環境に合わせながらも開放感を意識したリビングルームを作り出しました。ロフトと広く取った上方の窓部分は、囲まれた安心感を損なうことなく空を感じさせる設計となっています。ユニークな照明も雰囲気作りに一役買っており、斬新ながら落ち着ける、家族に愛されるリビングルームです。

家の中のもう一つの空間

こちらのインナーガレージがある家では、二世帯の住宅の中にもう一つ、入れ子状に空間を設けています。吹き抜けや空間の遊びを最大限利用した建築は、開放感と安心感を同時に作り出します。インナーガレージから家の中を覗く、という面白い構造は、家族の居住空間をより楽しく明るいものに変えるでしょう。ユニークな設計は、住む人に豊かな暮らしのみならずユニークなインスピレーションをも与えるかもしれません。

写真 半村隆嗣写真事務所

まるで秘密基地のようなミニマルな建築について、どう思われますか?あなたからのコメントお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!