コンセント 和室: Smart Running一級建築士事務所が手掛けた和室です。

緩やかなつながりを感じる終末の住まい

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

定年後も長く住まえる住宅とはどんな特徴があるのでしょう。シンプルな間取りに高低差のないフロアなど共通したポイントを持ちつつ、それぞれの家族にしっくりくる住空間をつくりたいですよね。ご紹介するのは定年を迎えたご夫婦のための住まいです。SMART RUNNING一級建築士事務所が手がけたこちらの「コンセント」は、「建て主の住まいの記憶を横滑りさせることと、住宅における行為のための空間を最大限確保すること」という二つのコンセプトを元に計画された建替え住宅です。以前に暮らしていた家の面影を残しつつも、シンプルな間取りには「廊下」という空間は存在しません。空間と距離感を絶妙な配置でパブリックとプライベートを分節しています。ひと続きの一体的な空間は家族の気配と安心感をも感じることが出来ますよね。

モダンでシンプルな外観

本住宅が建つのは千葉県市原市内の住宅地。近隣との距離もゆったりと保たれた穏やかなロケーションです。敷地にちょっぴり奥まった位置に建つ本住宅はホワイトカラーをベースに、グラデーションカラーでシンプルなデザイン。一見すれば生活感を感じさせないモダンで閉鎖的な印象かもしれません。

自然を取り込む大きな窓

建物の長手へと回り込むと、正面に見ていた外観から一変、ワイドで大きな開口のあるオープンな外観に。深くひと続きの軒出が何とも重厚感と建物の力強さを感じられるデザインです。無機質にも感じられるホワイトカラーとトーンの異なる外装、そんな外壁に気持ちよく伸びる木々の木漏れ日がナチュラルな印象に。

家族の気配を感じられるシンプルな間取り

「廊下」という空間をなくした本住宅、各空間は異なる素材で仕上げられており、ひと続きでありながら空間の変化を感じることが出来ます。左端からキッチン、ダイニング、リビングスペースを通って和室へと流れるように移動していく間取りはシンプルでありながら変化に富んだ住空間に。正面に見る渋みのあるグリーンがモダンな空間のアクセントになりつつも和室の塗り壁のような、どことなく懐かしさを感じられる色味ですよね。

風景を愉しむ住空間

和室スペースからワイドで大きな開口を望むと視線の先には見慣れた周辺の風景が広がります。築40年の建物から建替えられた本住宅はフレームが変わっても同じ景色を味わうことが出来ます。以前よりも身近にそしてシンプルに楽しむことが出来ているのかもしれませんね。障害のない視界とフラットなフロアが屋外と屋内の隔たりを取り外してしまったような感覚もあるかもしれません。

日の移ろいと暖かさを感じる家

ワイドな開口に面したリビングスペースは太陽の光がダイレクトに差す暖かで居心地のいい空間です。奥行きを持った重厚な軒の出によって四季の日差しを心地よくコントロールしてくれます。まるでワンルームのように様々な用途の空間が全て収まったような一体的な空間には、一世帯、二世帯とが距離感によって家族の気配を感じながら各々に過ごすことのできる豊かな住空間が広がります。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!