見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

愛車が主役!和モダンMIXガレージハウス

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

今日ご紹介するのは車好きにはたまらない住宅です。それはイタリア車と二台の大型バイクを所有するクライアントのために建てられたビルトインガレージハウス。しかも大人の色気を感じさせる和モダンにアレンジされたこちらの住宅は、小悪魔的な魅力のイタリア車にも負けず劣らず、むしろお互いを引き立て合うような魅力に富んでいます。手掛けたのは神戸市に拠点を置き活動する田中一郎建築事務所です。さっそく見ていきましょう。

外観

この住宅が建っているのは奈良県生駒市。周囲の景観に配慮し、且つ現代的なデザイン要素をミックスした外観にしたいと考えた建築家により、一階はマットな黒いガルバリウム鋼板貼り、二階は杉板貼り、上部に切妻屋根を乗せた和モダンな建物となりました。そしてやはり一番最初に目に飛び込んでくるのが、室内空間と連続性のある明るくライトアップされたガレージですね。そこに鎮座する真っ赤なランチア・デルタ・インテグラーレは普段使いだそう。二台の大型バイクも楽々収納できる広さを持ったビルトインガレージです。

玄関ホール

こちらは玄関を入ったところ。写真右がガレージ、左がリビングルームとなっており、その間に町家の通り庭(表から裏口まで続く土間のこと)を配置することでスペースを緩やかに分けているだけでなく、風通しの良さ、視界の広がり、開放感などを獲得しました。もちろんガレージの間仕切りはガラスにすることでお気に入りの愛車を四六時中室内から眺めることが出来ます。

​掘りごたつのあるリビング

リビングには掘りごたつが設置されており、畳に座ってゆったりとした時間を愛車を眺めながら過ごすことができます。ガラスの壁に設置されたシェルフも薄く軽めのものにすることで視界を遮りません。厳選したお気に入りアイテムだけを飾りたいですね。古民家風の情緒も感じさせる空間ですが、梁に設置された照明や大きな開口部、抜け感のあるストリップ階段がモダン。

趣味の部屋

ご主人の趣味が車なら奥様の趣味は琴。紅い壁が印象的なこちらの部屋はその琴を奏でるためのスペースです。壁は手透和紙張りによるもので、色も質感も普通の壁紙には無い深みを感じさせます。壁にインパクトがある分、天井はカーブを描いたよしず張りで軽快さと抜け感をプラスするのが現代流。趣味の部屋だからこそ、こんな風に大胆に個人の世界観を反映したものに挑戦するのが正解。ゲストを招いての演奏会も、こんな非日常的な空間なら琴の音色とその世界観に没頭できること間違いなし。

スノコ作りのブリッジ

空間のアクセントにもなるストリップ階段を上がると、スノコ作りのブリッジがあります。これは吹抜けの通り庭の真上に当たり、二階スペースへの橋渡しとなっています。スノコ作りなので光や通風を遮らず、人が通れば空気が動くので良い空気循環を生み出します。右手に見えるのはテラス。

外観昼景

冒頭はライトアップされた住宅夜景でしたが、こちらが昼景。艶消しのマットな黒が印象的なガルバリウムと、杉板張りの組み合わせが魅力的なコントラストを描いていますね。ガレージ前は十分なスペースを取り、車庫入れも楽々。機能的プラス”魅せる”要素がふんだんに取り入れられた、まさに車好きのためのビルトインガレージハウスです。

車好きの皆さん、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!