自然の恵みを利用するパッシブデザインで低燃費省エネ住宅

自然の恵みを利用するパッシブデザインで低燃費省エネ住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

皆さんは「パッシブデザイン」という言葉をご存知でしょうか?これは太陽の光や熱、風といった自然の恵みを上手に採り入れることで、エアコンなどの機器をなるべく使わず快適に暮らすことを目指した設計のあり方です。福岡県に拠点を置く空設計工房は、空気・熱・光・風・エネルギーなど、見えない物のデザインも含めた設計で、四季と上手に付き合っていける住まいを提案しています。それは自然環境に配慮しているだけでなく、住み手にとってこそ多くのメリットがあるのです。今回のクライアントは二人の娘さんを持つ女性。集合住宅でのストレスフルな生活からいつしか帰宅したくない、とまで思うようになっていたとか。「好きなものに囲まれて暮らしたい」「一日一日、季節を感じながらていねいに暮らしたい」という希望を持ったクライアントの為に空設計工房が建てたのがこちらの住宅です。

外観

こちらの住宅があるのは福岡市郊外のゆったりした住宅地。レッドシダーを使用した温もりのある外壁と煙突、造り込み過ぎないナチュラルガーデンの庭、小さな畑… と、優しく温かな雰囲気を持った住宅です。目新しさや他を圧倒する何かがある訳ではありません。しかしこの住宅に魅かれるのは、なぜか感じる懐かしさののせいでしょうか。

​玄関

玄関は温かみのある暖色系の素焼きタイルが敷き詰められており、白い壁や木製ドアとの組み合わせでカントリーな雰囲気です。アンティークの味わい深いテーブルの上には鍵を置いたり、ちょっとしたデコレーションでゲストを迎えるおもてなしスペースに。古ぼけた木の椅子やバスケットも、靴を履く時に腰掛けたり帽子や小物を入れたりと実用性もありながら、ゲストが一番最初に訪れる玄関を演出できるという一石二鳥のアイテムです。上部に開口部を取ることで穏やかな光の差す玄関となっています。

リビングルーム

家族が集うリビングルームは開放的で心地良い空間。窓ガラスに断熱効果のある高機能ガラスを使用して夏場の暑すぎる太陽光をカット&風の通り道を確保することで室内環境をコントロールしています。内装や家具を全て木材やレンガといった自然素材で構成することで、住み手に優しく自然素材ならでは恩恵を受けられる室内となっています。自然素材でまとめるということは部屋の色調も自然と中間色が中心となるので、目にも心にも優しくリラックスできる空間となります。アクセントが欲しい場合はクッションカバーなどの面積が小さいテキスタイルで色を足すか、または花や鮮やかな色彩を持つ果物を飾ることで香りとフレッシュさもプラスできますよ。

認定低炭素住宅

太陽光はもちろんエネルギーに利用しています。それは住宅のランニングコストやCO2排出量の低下につながり、建物の性能に加え、年間の消費エネルギーの基準をクリアしたこちらの住宅は「認定低炭素住宅」の福岡市第1号を受けました。

こちらはロフト部分の書斎&ホームライブラリ

キャットウォーク

猫と暮らしたいというのもクライアントの希望のひとつでした。そこで梁を生かしてキャットウォークに。その先、吹抜けの窓際にも通路はつながっており、室内を縦横無尽に移動できるという猫も喜ぶお家です。

クライアントの言う「引っ越した時に感じた、新築なのにずっと前から住んでいたような懐かしさもそのままです」という言葉がこの住宅の快適さを物語っているのではないでしょうか。

住み手と環境に優しい住宅、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!