道路側外観: 堀内総合計画事務所が手掛けた家です。

縦格子のある和風の家

縦格子のある和風の家

Mi Seiler Mi Seiler
Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

都会では和風の家を見ることが少なくなってきましたが、旅行などで山の多い地方に行くとそこでほっとする家並みに出会います。また、週末の旅行にホテルではなく和風建築の旅館を選ぶという人も少なくないでしょう。住宅においては住みやすさが最も重要ですが、新しい技術を取り入れながら伝統である和の美しさを守っていくことは、可能である限り続けていかなければいけないと思います。今回は特に和風エレメントの縦格子に焦点を当てて和風の家10選をご紹介していきます。

独創的なファサードの家

こちらの住宅はできる限り自然素材を用いて欲しいという施主の要望通りに、堀内総合計画事務所により計画されました。アプローチのみオープンにして、その他の部分は縦格子で覆ってしまいました。そのコントラストと光の見え方の微妙な違いが融合して独創的なファサードになっています。内部はデッキ貼りの中庭を中心に風通しの良い開放的な空間になっています。

暮らし方と伝統美が融合する家

「外観は周辺に調和させ華美にならないことを第一とした。」とおっしゃるのはこちらの家を設計した翔設計工房一級建築士事務所です。アプローチに使った白い壁が濃い色の木と対照的で入り口としての品格を高めています。内部は畳の部屋を一切設けていませんが、和を感じる空間になっています。新しい暮らし方と古くからの伝統美が融合している建物といえるのではないでしょうか?

丸窓のある家

こちらの縦格子のある家はどうでしょう?家のファサードに、縦格子のものと、板張りのもの、という2種類のエレメントを意図的に使用しました。内側から光が漏れるところとそうでないところを作り印象的な家の顔を見せています。アプローチの何もない壁がホッとする空間を作っています。2階の丸窓もこのファサードにほどよく調和しています。

「平成の京町家」の二世帯住宅

京都では民間で京町家の再生保存を進める運動が広がっていると聞きます。さらに京都市でも京都市内に新築される木造の住宅を対象に「平成の京町家」の認定を行っているそうです。こちらの住宅はその「平成の京町家」の認定を受けた2世帯住宅です。格子や瓦といった京町家の要素を入れながら、控えめですが和の美しさをアピールしています。

日本古来の色を大切にする家

外部からの視線を遮断しつつ、内部と外部の連続性を明確にし都市性と開放性を併せ持ちたい・・・という矛盾を解決して建てられたのが写真の「平屋のコートハウス」です。日本古来の色を大切に計画されたこの家は、家族が幸せに歴史を刻むための空間を提供してくれます。こちらの住宅はシンプルながらもアクティブな空間づくりを得意とする、新明設計によって設計されました。

見せない美しさのある家

和の美しさは世界の人達に認められています。しかし、それを論理的に説明することはとても難しいと思います。それはこの国の文化を知って初めて理解できることだからです。バルコニーに飾った花々を道行く人に見せるという文化があれば、このように素敵な家や庭に植えた木々を見せない文化もあります。この住宅は縦格子をファサードに使うことで見せない美しさを醸し出しています。そして、光と影を柔らかく表現できることも和の美しさの特徴といえるのではないでしょうか?

和が気持ちよく溶け込む家

こちらのお宅は特に和風にデザインされたものには見えません。でも、どことなく和風の趣が感じられるのはファサードに縦格子のエレメントを使用しているからでしょうか?内装にも控えめに計画された和の要素が見られますが、若い世代の暮らしに気持ちよく溶け込んでいます。縦格子は機能性だけではなく、デザイン性にも優れている頼もしいエレメントと言えるでしょう。

変形敷地に建つ家

変形の敷地を有効的に活用して建てられたため、真四角の部屋が一つもないというこちらの住宅は傳寶慶子建築研究所によって設計されました。2階リビングに面したバルコニーの外側に写真のように縦格子を付け外部からの視線を遮っています。この格子は機能的であるとともに外観に印象的な表情を付けています。

外界から引き離された家

こちらの住宅は、建築・計画ワイズスタジオによって設計された「長尾台の家」です。縦格子を含む外壁によって外界から引き離し、この住宅だけの内部空間を造り出しました。内装もシンプルですが和の趣を慎ましやかに施し上質な空間を作っています。外観からは強い主張を感じませんが、反対にそれが内側の豊かな暮らしを想像させます。

生まれ変わった家

すっきり見せる引き算の美しさと機能を加えた足し算の美しさ、この二つが正しく調和したときに初めて快適な空間というものができあがるのではないでしょうか?こちらの築120年の木造住宅もこの引き算、足し算により見事に生まれ変わりました。ファサードの縦格子が建物としての個性を際立たせ、内部デザインへの感心が膨らみます。

縦格子のある和風の家、いかがでしたか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!