長崎 大村 /  焼杉の家: HAGが手掛けたリビングです。

世代を超えて受け継がれる家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

最近では代々受け継がれた家なんてなかなか見られないですよね。本日ご紹介するのは、新築なのに「世代を超えて 世代を超えて受け継がれる家 」。なんとクライアントのおじいさんが50年以上も前に植えた木を使った家なんです。クライアントの世代を越えた思いや体験が詰まった住まいです。

存在感のある焼杉の外観

海に面した街の小高い丘陵地にある敷地の周りは比較的新しい住宅も見られるのんびりとした雰囲気。その中で焼杉の外観がひと際目立つ住宅が、建築事務所のHAGが手がけた住まいです。この外壁に使った焼杉はクライアントも参加したワークショップで準備されたもの。焼くことで耐久性の向上の他に独特の風合いが期待できる伝統的な手法を生かしています。

メリハリのある佇まい

こちらは庭側のファサード。2階の屋根は片流れになっており、物見台を設置。窓枠は黒とナチュラルなカラーを使い分けたメりハリのある表情豊かな外観ですよね。軒の深いテラスが室内とフラットに繋がり、開放感をもたらしています。「三角形の敷地に建つ片流れ屋根の家」でも焼杉を外壁に採用しています。ラスティックな雰囲気がお洒落な住まい、是非合わせてご覧下さい。

吹抜けと傾斜天井が作りだす大らかな生活空間

中を見てみましょう。おじいさんから受け継いだ杉や桧をふんだんに使った住まいです。ワンルーム型のLDKは天井の高さを変えることで緩やかに領域を設けています。 室内の中央の吹抜けがダイナミックな広がりをもたらし、傾斜する天井が大らかに全体を包み込んでいます。受け継がれた木の素材をふんだんに使った住空間は家族と共に成長していきます。

温かみを感じさせるキッチン

キッチンはアイランド式で、コンロとシンクを同線上にまとめた機能的なデザインを採用。耐久性の高いステンレスのワークトップに組み合わせたナチュラルな風合いの木板が温かみのある雰囲気を出しています。背後には吊り戸棚を含め、たっぷりとした収納を確保。

明るい日射しが心地良いダイニング

キッチンと横並びにダイニングエリアを配置。コーナー窓からの明るい日射しが気持ち良い空間を演出し、ナチュラルなテイストのダイニングセットと共に優しい雰囲気を出した食卓です。壁際には造作でカウンターを設置。ちょっとした家事などこなせる便利なスペースです。

高窓のあるオープンな空間

2階は吹抜けを介して1階と繋がる広々としたギャラリー空間を設けています。シンプルなカウンターや低めの収納棚を置いて多目的に使えるスペースになっています。北側の大きな高窓は上部が開閉可能で、あまりエアコンなど必要のない心地良い住環境を確保できるようになっています。剥き出しの軸組や木で仕上げた天井、木目の美しいフローリングなど時と共に味わいを増していく素材に囲まれた暮らしは、自然を身近に感じさせてくれます。

家族の愛情に満ちあふれた住まい

奥の個室として使える空間にはさらにハシゴでアプローチするロフトを設置。子どもたちの絶好の遊び場になりそうですよね。シンプルで気負いのない住宅は、代々から受け継がれる愛情に満ちあふれ、若い家族をそっと見守ってくれていそうです。

住まいにはこんな継承の仕方もあるんですね。皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!