中浦和の住宅: 井上洋介建築研究所が手掛けた庭です。

素材の特徴を生かしたクールでモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、コンクリートと木の異なる素材感のコントラストがバランスよく組み合わせられ、クールでスタイリッシュな空間がさらに印象的となっている住まいです。シンプルで落ち着きのある室内空間に、素材そのものの持つ雰囲気や味がそのままインテリアの要素として生かされていることが大きな特徴となっています。コンクリートの都市型住宅に憧れている人や、素材感を生かした住宅に興味がある方には、家作りの際の何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、東京を拠点に活動している井上洋介建築研究所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見ていきましょう。

モダンな外観

コンクリートのクールな雰囲気の外壁に、部分的に木が施されたデザインが印象的な2階建てのこの住まい。シンプルでモダンな外観となっています。敷地は形状が変則的な変形敷地となっているためデッドスペースが生まれやすいという難しさがある所を、駐車スペースと庭を確保しながら上手くその問題を解決しているように見受けられます。住まいの建物は庭に面して大きな開口を設けており、屋外の開放感や日当たりも十分に楽しめるようになっています。

夜の佇まい

こちらは玄関のある側を中心に見た住まいの夜の様子です。玄関周りとポーチ以外は無機質なコンクリートの壁がどっしりと構えており、閉じた雰囲気となっています。ただ上部には小さな開口部をたくさん設けているので、夜はそこから住まいの明かりが漏れ出て、クールな建物の雰囲気にちょっとした温かみをプラスしています。昼間とはまた違った印象が楽しめる住まいの夜の佇まいですね。

明るくお洒落な階段

こちらは吹き抜けとなっている階段ホールです。大きな開口に面しており、快適な明るさに包まれています。また柱や天井の構造材をあえて露出させるあらわし仕上げとしていることで、より印象的な空間となっています。木材の味わい深い風合いが最大限に生かされており、その素材感がそのままインテリアの要素となって機能していることかポイント。ガラス開口の作りや黒く細い手すりの取り付けられた階段もスタイリッシュな雰囲気ですね。

センスの良さが感じられる室内空間

こちらはLDKの様子です。打ち放しのコンクリートの壁に、ナチュラルなフローリングと天井がアクセントとなり、クールな中にも温かみが感じられる雰囲気の室内空間です。天井の建材をあえて見せることで空間にリズム感が生まれているのも素敵ですね。テレビ台や棚板などの造り付けの家具も、コンクリートと木のバランスがとても良く、インテリアのセンスの高さが感じられます。

吹き抜けのリビング

こちらはリビングを中心とした様子です。天井は2層の吹き抜けとなっており、ゆったりとした開放感が感じられる作りとなっています。吹き抜けを通じて1階と2階に空間的なつながりが感じられるのもいいですね。リビングに面しては大きな開口も設けられているので、日中は自然光が降り注いだり、外の景色を眺めてのんびりとすることも出来そうです。

スタイリッシュなワークスペース

こちらはワークスペースの様子です。壁に面して大きな棚が設けられており、本や資料など自由に整理して収納しておくことが出来ます。シンプルなデスクと飾り棚もスタイリッシュな雰囲気です。大きな開口からは外へ出ることが出来、作業の合間にちょっとしたリフレッシュも楽しめそうですね。

スタイリッシュな雰囲気のモダンな住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!