警固リノベ: 株式会社フーセット Huset co.,ltdが手掛けたリビングです。

家に招待したくなる!おもてなし上手な家作り

Kawase Minori Kawase Minori

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

遠く離れたところに住んでいる家族や、お互い忙しく長年会えていない友人。そんな大切な人を家に招待した時にはきちんとおもてなしをしてあげたいですよね。おもてなしを精一杯しよう!と意気込み過ぎて今ある家の良さまでも整理してしまうと、来客にとってもあまり居心地の良くない雰囲気になってしまいますよね。例えば、家に招待された方は「ここの家の人は普段どんな生活をしているのかな?」「私はここに来て、迷惑じゃなかったかな?歓迎されているかな?」ということを気にしますよね。しかし訪問された方から「あれはどこ?」「あれがない、これがない」の質問ばかりでも困り物。そんなことにならないためにも普段の生活を見せつつも。来客にリラックスしてもらうために使い勝手をよくする工夫をしましょう。今回は「おもてなし」上手な家作りのアイディアを紹介します。

楽しい多機能キッチン

家に招待した時に「食事」はメインのイベントとなることが多いですよね。全部招待した側が準備するのもいいですが、親しい間柄なら一緒に準備するのも一つの楽しみ。準備しながらカウンターでお酒を飲む。なんてことができたら来客でお酒が好きな人がいたら大喜びかも。そんな楽しい準備の時、調理道具やお皿が全て引き出しの中にあって、奥の方の物を取るのにすごく時間がかかる、、なんてことも。そんなことを避けるためになるべく表に出るような収納の工夫をしましょう。大容量の食器棚に縦を利用した構造、そうすれば慣れていないお客様も気軽に参加ができます。

写真 Sadam Saito

収納上手なクローゼット

お客様が家に到着!暑い夏の日なら日傘やスカーフ、寒い冬の日はコートやマフラーや手袋、、、それに靴。家の中に入ってコートを脱ぐ瞬間、「家に帰ってきたなあ」と実感する人も多いはず。外からきたお客様も同じで、玄関での軽い挨拶の後はこれらのアイテムを脱いで落ち着きたいと思います。女性ならば大きなブーツを履いてることもあるでしょうし、男性は靴のサイズが大きいですよね。そのため。家族分以上のアイテムが増えても大丈夫なように、クローゼットの中の収納スペースの確保がとても大切です。靴は家族の物ですぐいっぱいになってしまいますから棚を増やし、縦の空間を利用したり、さらにコンテナーベンチを用意すれば使用頻度の少ない家族の靴をボックスの中に入れておいて、空いた上の蓋の空きスペースを使ってもらうということができます。狭くて圧迫感がある場合は鏡をおいてみてください。目の錯覚でスペースがとても広く見えます。

歓迎ムードの洗面所

水回りの洗面所、そしてコートを脱いだ後にまずお客様が使う場所ではないでしょうか。水に厳しい日本人、水回りの印象が悪いと全ての印象が悪くなってしまうことも。普段の生活で洗面所は手を洗う、歯を磨く、といった実用的な場所として使われていますよね。そのため、普段はシンプルにまとめられている洗面所はおもてなしのデコレーションをすると一気に華やぐということもあります。家に招待された人は洗面所にお花が添えられていたり、ホテルのような来客用のキットが添えられていると「歓迎されている」と一番感じる場所かもしれません。

使い勝手のいいランドリー

お客様が長期間滞在する場合、洗濯機が使えるととても便利。洗濯機はあらかじめ設定しておき、「このボタンを押せばいいですよ」で済むように使いやすいようにしておきましょう。もちろん部屋は綺麗に簡潔に。家族の洗濯物があらわになっていないようにここでもコンテナーベンチを使うといいかもしれません。

くつろぎのリビング

家の中で皆がくつろぐ場所のリビング。人数分座れるソファはありますか?こんな時ソファのデザインがフレキシブルに変えられるものだと数が不特定の突然の来客にも対応できます。こちら欧州では、必要な時にベッドになるソファが大人気。ベッドの数が足りない時にソファを広げて快適なベッドを一瞬で作ることができます。この暖かな陽射しのリビングは福岡県株式会社HUSET CO.,LTDが作られました。こんなゆったりとしたリビングであれば家に招待されたお客様も時間を忘れて楽しい時間を過ごしてくれそうです。

団欒の時を外でも

アウトサイドリビング: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた庭です。
TERAJIMA ARCHITECTS

アウトサイドリビング

TERAJIMA ARCHITECTS

家の外で楽しいひと時を過ごした後、ポカポカになった体で夜風にあたると気持ちがいいですよね。四季を問わず外で食べる食事は特別美味しく感じられるもの。もし家に素敵なバルコニーがある人は大きなテーブルを用意して、外で食事をする機会を作るといいかもしれません。ガレージがある人は趣のあるビンテージ風の机を用意して、そこでみんなで団欒の時間を。他とは変わった個性的な演出でお客様に楽しんでもらいましょう。

このアイディアブックについて感想はありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!