書斎をリビングに作るには? | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3566:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

書斎をリビングに作るには?

Kawase Minori Kawase Minori
TOUFU モダンデザインの リビング の +0 atelier | プラスゼロアトリエ モダン
Loading admin actions …

現代は在宅で仕事をする人が増えています。また、外に勤めに行く人も家に帰ってから少し作業をしなくてはならない。という人もいますよね。書斎があると仕事に集中することができ、効率もいいことは誰もが承知のこと。しかし誰もが大きな家に住んでいるわけではありません。部屋の数に限りのあるため仕事専用の部屋を作ることも難しいと思います。専用の部屋の確保は難しくても、「書斎」のスペースを作ることは可能です。限られたスペースを上手に使い臨機応変な仕事の場を作りましょう!今回は家の中で一番広い面積のリビングにそんな一角を作るアイディアを紹介したいと思います。

今あるリビングは?客観的に見る。

「さあすぐにでも作るぞ!まずは机と椅子を準備して、、」というはやる気持ちを抑えて、まず今あるリビングを客観的に見てみます。部屋はどんな形で扉はどこにあって、人が一番集まる場所は、どこか暖かいかまたは涼しいか。サイズはどのくらいあるか、もし勢い余って部屋のサイズに合わない机を買ってしまったらどうでしょう。机に圧迫されて、リビングが窮屈に思えてしまうと思います。そんなことを避けるためにもまずはリビングの「現実」を確かめてみましょう。

写真 ©Hirai Miyuki

いらない家具を見極める

さて、客観的にリビングを見た時に「これはあまり使ってないな」と思ったものはありましたか?部屋の中でいくつもそんな物があったなら逆にチャンス!そんな物達が部屋の面積を占めてしまっていることも多々あるので、一掃してしまえば部屋が広くなる可能性があります。狭いから小さいデスクしか買えなそうとあきらめていた人も一度本当のリビングの広さを実感すれば選べるサイズに幅が出ますね。

家具は最低限にまとめる

シンプルイズベストと言われますが、シンプルであることは殺風景なのではなく、「空間」を作ることができるのです。その作られた空間を利用することができればアイディアが広がりますよね。この洗練されたデザインの写真はイタリアのデザイナーのものです。厳選された無駄の家具と配置でこれならば新たな書斎のスペースも作れそう。

最適なコーナーを見つける

home sweet home カントリーデザインの リビング の ATELIER TAMA カントリー
ATELIER TAMA

home sweet home

ATELIER TAMA

広々とした部屋の真ん中で作業をしてください。といわれるよりも角の方が仕事に集中できますよね。それは部屋の真ん中ですと人の行き来があり、意識が散漫になってしまうからでしょう。落ち着いた一角をリビングの中で見つけてちょうどいいサイズの机と椅子を設置。光は十分か、後ろに椅子を引いた時に家族の邪魔にならないか、等に気をつけて。

ダイニングテーブルをワークデスクに

鉄板ハウス モダンデザインの リビング の sngDESIGN モダン
sngDESIGN

鉄板ハウス

sngDESIGN

リビングはもう物でいっぱい、捨てるものも見つからないからもうこれ以上家具は増やせないという家には、今ある机を使うことで対処しましょう。ダイニングテーブルは食事をするための机ですので、サイズもそれなりに大きいと思います。それもその机を書斎用にするのではなく、ある時はダイニングテーブル、ある時はワークデスクと臨機応変に変化させましょう。この写真は沖縄県名護市で活躍するSNGDESIGNが手がけられました庭を眺めて陽射しを浴びて、リラックス時間も取れ、仕事がはかどりそうですね。

メモが貼れる白い壁

Inspiration モダンデザインの 書斎 の Korbo モダン
Korbo

Inspiration

Korbo

「今日までに銀行で支払い」「メールを返信」といったちょっとしたことをメモにして貼っておけると便利ですよね。頭の中で覚えておくことには限りがありますし、いつも同じ場所にメモがあれば忘れる心配がありません。壁にメモがたくさんあると「自分の書斎感」も出て、このように自由にメモを貼れる壁に対面していることは必須かもしれません。

▼homifyで建築家を募集してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

このアイディアブックについて感想はありますか?コメントを書いてください!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!