見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

真の日本の伝統を感じさせる家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

暮らしには様々なスタイルがあると思います。子供たちが一緒に住むのであれば、家族の繋がりを感じられるような家を求める人がいるでしょう。子供たちが独立すれば、時々家族が集まれる家が必要になるかもしれません。そして仕事をリタイアしたのであれば、家に落ち着ける空間を求めることになるでしょう。今回紹介するのは、老後を見据えて建てられた家。それはゆったりとくつろげるものになっています。

自然の中に建つ家

今回紹介する家を手がけたのは鈴木光雄建築工房。50代半ばのご夫婦が老後の生活を考えて設計を依頼しました。家の敷地があるのは愛知県の豊田市。周りには住宅がまばらに建ち、多くの自然が残されています。そんな場所に建てられたのは木造平屋建ての住まいです。家を遠くから眺めると見えるのは木の外壁。玄関横には木の格子が組まれており、その素材感を強く感じることができます。

暖かな空間

家の中に広がるのは暖かな空間。それを感じさせるのは素材として使用されている木です。下を見れば、見えるのは木のフローリング。上を見上げれば、屋根に使用されている垂木が見えます。そのため家の中の上も下も茶色の木で覆われており、木に包まれているような感覚を感じられるでしょう。そして木の素材が感じさせる暖かさを強く印象付けられることになります。

コミュニケーションの場としての縁側

家の中に造られているのは和を感じさせる空間。屋根の軒が大きく外に張り出しており、その下には濡れ縁と呼ばれる縁側空間が設けられています。そんな縁側は外の風を感じ、太陽の光にあたれる場所。もちろん近所の人や友人が訪れれば、家の中に招かなくても、気軽に話をする場所になります。縁側空間はご近所との交流場所になるのです。

圧倒的な開放感を感じさせる空間

そんな縁側には収納可能なガラス窓がありますが、それを開けてしまえば、外からの光や風をもたらし、明るく風通しの良い空間を演出してくれるでしょう。もちろん開かれた窓からは、外に広がる景色を見ることができます。そして家の中に外の景色を家に取り込みます。そのため、ここでは圧倒的な開放感を感じることができるでしょう。

和の空間

このような家で忘れてはいけないのは落ち着き感じさせる空間。縁側の窓には障子も取り付けられており、障子で窓を覆うことができます。そうすれば、強い陽射しを遮って家の中に柔らかい光をもたらすことができるでしょう。柔らかな光と家を覆う木材は、心を落ち着かせる安らぎの空間を演出するのです。それは街の喧騒や日々の生活の疲れなどを忘れさせてくれるに違いありません。

心地良さを感じさせる家

本住宅が感じさせるのは、開放感、明るさ、暖かさ、そして安らぎ。それは心地良い空間を生み出します。もちろん、そんな空間は心地良い生活も可能にしてくれるでしょう。そして老後の生活を素晴らしいものにしてくれるのです。

写真:加斗タカオ

和の風情を感じさせる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!