homifyが手掛けたリビング

どうやって?どこに?ウォールライトを使用してみよう!

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

室内の間接照明としてよく使用されるフロアライトやペンダントライト。でもウォールライトも室内インテリアには欠かせません。また、外壁や玄関を照らすウォールライトはお家の顔であるだけではなく、防犯の役目も果たしています。今回は、そんなウォールライトを上手に取り入れるコツをご紹介します。

ウォールライトとは?

Servomuto が手掛けた家庭用品
Servomuto

EASY WALL

Servomuto

ウォールライトとは、壁に取りつく照明器具です。壁やお部屋を一様に明るく照らす照明とは異なります。ウォールライトには「エクステリアライト」と呼ばれる玄関や建物の外観に取り付けられるライトと、「ブランケット照明」と呼ばれる室内インテリアを引き立てる二種類があります。

写真: SERVOMUTO wall lamps

ウォールライトに最適な場所 - 玄関や廊下に

こちらは家山真建築研究室が手掛ける桂町会館のポーチ。玄関ポーチと軒裏の垂木のリズムを柔らかくライトアップするために、外壁には全方向に光が広がるウォールライトのブラケット照明を設置しています。ウォールライトは、外玄関や外壁のように、おもに天井のない、あるいは天井に器具を取り付けることのできないところに最適なライトです。ランプ交換や器具の清掃が容易にできない天井高のある空間にも有効です。このような場合はメンテナンスの行いやすい位置の高さに付けられます。防犯面にも重要な役割を果たしています。 

ウォールライトの種類

Antique Style Lightings: 株式会社サンヨウが手掛けたリビングルームです。
株式会社サンヨウ

Antique Style Lightings

株式会社サンヨウ

室内インテリアに使用されるウォールライトにはブラケットとスコンスという二種類があります。ブラケットは突き出しのランプ受け、日本的な家屋のウォールライトに良く使用されるデザインです。一方のスコンスは壁から突き出しの燭台で、海外などのアンティーク調ウォールライトに多いデザインです。こちらは、株式会社サンヨウが手掛けるウォールライト。1930から1940年代にヨーロッパで製造されていた製品をモチーフとしたアンティーク調照明器具です。このようなアンティーク調を選べば、室内をクラシカルにデザインできます。

どんなウォールライトが最適?

homifyが手掛けたリビング

ウォールライトを使用する際は、「どこに、どんな種類のものを選ぶか」に注意しましょう。廊下や玄関に使用する際には、ライトの位置やメンテナンスの簡単なものを選びましょう。室内デコレーションのためのウォールライトは、ライトのデザイン性や光の強さや方向を考えて選んでみてください。こちらは、海外でよく使用されるアンティーク調のスコンス照明を使用し、インテリアデコレーションとしてウォールライトを使用した例です。ウォールライトには、40wなど光の強すぎない柔らかく優しいものを選び、光が天井に向けて広がるデザインのものを選べば、広範囲に光が行き届き間接照明として、またはインテリアデコレーションの一部としても活躍します。

防犯としてのウォールライト

外壁や外玄関、廊下に使うウォールライトは、庭やテラス、ガレージなどの照明にも使用できます。 勝手口などには防犯に有効なスポットライトとしてよく使われています。最近ではセンサー式のものが増え、その種類もさまざまです。人に反応してON/OFFをするもの、明かりの強さが変わるもの、タイマー式のものなど、機能の幅広い選択肢があり、またデザインも豊富になってきました。

テイストにあわせたウォールライトを

こちらは、タイラヤスヒロ建設設計事務所が手掛ける家の洗面所です。ウォールライトは浴室や洗面の鏡照明のように、人の顔や姿などの鉛直面を明るくしたい場合にも取り付けられます。スカンジナビアンスタイルやインダストリアルテイストの家の洗面台には、こちらのように敢えて卓上に置かれるような照明デザインをウォールライトとして一工夫し選ぶことで普段の洗面台がおしゃれに映えます。

光るオブジェとしてのウォールライト

全般に室内ウォールライトとして使用されるブラケット照明は、浴室のような狭い部屋を除いて部屋全般の明るさをとる目的で選ぶことはなく、多くは間接照明やインテリアのアクセントとして選ばれます。特に美しくデザイン性に富んだブラケット器具は、空間全般の明るさよりも照明自体が魅力的に光ることで光りのオブジェとしてお部屋を素敵に彩ります。

【照明については、こちらの記事でも紹介しています】

※ シーリングライトからブラケットまで。住まいを照らす照明の種類まとめ

※ 照明計画を始める前に押さえておきたい事まとめ

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

ウォールライトの種類はわかりましたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!