和室: 有限会社 TEAMWORKSが手掛けた和室です。

快適に暮らしながら落ち着きを得る和モダンの家

mami.k mami.k

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

畳の匂いや障子紙を通した明かりにホッと安心感を覚えるのは日本人なら誰しもが持つ感覚ではないでしょうか。古き良き日本の伝統美と、現代らしい建築技術が融合した、シャープで、でも温かみを残した和風モダンな家が、今人気です。

森の中に建つ小屋で四季を感じる

箕面森町の家: 間工作舎が手掛けた和室です。
間工作舎

箕面森町の家

間工作舎

間工作舎の手による森の木立に寄り添うようにして建つこの住宅には畳のリビングがあります。畳に炬燵という日本の部屋らしい和室ですが、ほぼ正方形の大きな入り口や窓が現代的です。窓が切り取る山の紅葉も含め、四季のある日本の暮らしを感じながら暮らせる部屋です。

機能性の高いキッチンと和室の融合

こちらは引き込み扉で仕切ることも出来る、リビングから地続きの和室です。格子窓も地袋も郷愁を誘う和の雰囲気でありながら、フローリング、畳、壁の色の調和で、すっきりとシンプルで実用的なキッチンダイニングとも反発せず溶け込んでいます。

空中に浮かぶ水屋

浮遊感のある二階和室: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた和室です。
TERAJIMA ARCHITECTS

浮遊感のある二階和室

TERAJIMA ARCHITECTS

まるでリゾートのような住宅の階段ホールに作られた和室です。欄干や炉があったりと本格的な水屋ですが、扉の向こうには吹き抜けを伝って下へ続く階段があり、空に浮かぶ部屋のような浮遊感がある空間で、従来のこじんまりと落ち着いた印象を残しつつもその配置で斬新な和室になっています。

意匠で遊ぶ和室

こちらは京町屋の要素を取り入れた住宅の一室です。古建具を使用した古民家風リビングや土間、枯山水風の中庭など、和の要素が満載の住宅ですが、バイカラーの襖や柄違いの壁で遊びを取り入れたこの和室のように、ところどころにモダンな雰囲気を作り、現代人が住みやすい和の家となっています。

万能な畳が作るほっと一息吐ける空間

心落ちつく和室: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた和室です。
TERAJIMA ARCHITECTS

心落ちつく和室

TERAJIMA ARCHITECTS

青い畳は実はどんなマテリアルにでも馴染みやすい万能性をもっているのかもしれません。大きな窓も石壁もロールカーテンも、シャープで現代的な印象を与えますが、溶け込んだ畳が柔らかさを添えています。窓からは四季折々の坪庭の景色が見え、心落ち着く和室です。

囚われない形で和室を楽しむ

畳みリビング、左の窓は路面とガードレールの間に位置する: 宮武淳夫建築+アルファ設計が手掛けた和室です。
宮武淳夫建築+アルファ設計

畳みリビング、左の窓は路面とガードレールの間に位置する

宮武淳夫建築+アルファ設計

公園に隣接し、ホームベース型に建つこちらの家は、本来四角くある畳の和室がその形状だけですでに斬新でモダンです。畳のフロアに隣り合ってスキップフロアになったダイニングがあり、洋風のテーブル、椅子が並ぶその洋の空間と、和の空間がすんなりと融合したリビングです。

温故知新を体現して暮らす

こちらは大正時代に建てられたという立派な農家を改装した住宅です。広い間口の玄関と三和土は昔の日本の大きな農家そのものです。隣の和室やそれに続く襖、欄干など、和そのもののディティールに満ちていますが、奥に見える勾配を昇りやすく作り直した階段やシンプルで明るいダイニングなどは使いやすく現代風になっており、古いものを大切にしながらも暮らしやすい家です。

ロフトのある和室

こちらは障子窓や畳という日本らしい意匠を凝らしながらも、地窓やロフトがある、遊び心にあふれた和室です。障子を開ければ薪ストーブのある北欧風のリビングにつながっており、窓一つで自由に雰囲気の違いを楽しめます。

歴史を受け継いで新しく暮らす家

築八十年のこちらの古民家は改装され、新しく作られた二階建て住居の離れとして生まれ変わりました。立派な張りや広い土間、座敷を仕切る襖など、古く美しい日本の部屋のモチーフが生かされていますが、土間から続く板間の向こうにはシンプルなベッドが溶け込んでいます。大正ロマンの頃のお部屋のようです。

シャープな家具にも馴染む障子窓の万能性

広々としたリビングにはスタイリッシュなソファやローテーブルが置かれ硬質な印象があるが、家全体のところどころに見える和のモチーフがここでも見られ、障子窓が違和感なく溶け込み、部屋のイメージはそのままに落ち着きを添えています。

【和モダンについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 和モダンな住まいにする6つの方法

 和風モダンの魅力 

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

現代的な部屋にすっと馴染み心を安らがせる和のアイディアがたくさんありましたね。お気に入りは見つかりましたでしょうか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!