House in Fukuchiyama: arakawa Architects & Associatesが手掛けた家です。

モダンなウッドのファサード5選 – モダンでカッコいい木の家!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

ファサードは家の印象を決めると同時に、街並みを構成し、演出します。使われる素材はサイディングから、塗装、ウッド、タイルなどさまざまな素材がありますが、サイディング以外でも人気があるのがウッド素材。日本では森林素材が豊かだったことから、従来より焼杉や無垢材などの木素材は身近な素材のひとつでもありました。近年ではメンテナンスの手軽な擬似木素材も生まれましたが、本物の質感や経年の味わいも捨てがたいものがあります。今回ご紹介するのは、モダンなウッドのファサード5選です。和風やナチュラルなイメージにもなるウッドの素材ですが、今回はかっこよくモダンに仕上げた素敵な家をご紹介します!

1.家の中でピクニックができるような住まい

KEITARO MUTO ARCHITECTSが手がけたこちらの住まいは、中庭を中心に家族がピクニックができるようにとデザインされた家です。大きな木が中心にある中庭と、曲線の階段から二階のテラスへとつながる高低の楽しいくつろぎのスペース。大きな屋根に囲まれた、秘密基地のようなワクワクする空間がたまりません。家全体は屋根も含めレッドシダーをベースとし、赤みのある色と板によって濃淡が異なる色合いの差がストライプのようなモダンさを演出します。軒天井や室内の天井にも同じウッドがあしらわれ、落ち着いた色と美しい木目を存分に楽しめるインテリアに仕上がっています。本住宅については「有機的な形態はピクニック好きの家族のために生まれた!」で詳細をご紹介しています。

2.伊豆の大自然に調和するモダンな家

TAMAI ATELIERによる、伊豆半島の豊かな自然に囲まれた場所にある家。海と山の豊かさを兼ね備え、穏やかな暮らしができる環境が魅力です。一見複雑に見えるファサードは、光を適度に調節しながら室内に招き入れたり、デッキやテラスなど外部でのアクティビティをより楽しめるように計算されたものです。壁面全体に落ち着いたカラーのウッド素材をあしらい、直線的でシャープなディテールを取り入れながら仕上がったファサードは彫刻のようなモダンさを備えています。木影が美しく映え、自然に調和する高級感あふれる住まいになりました。本住宅については「大自然を招き入れる住まい」で詳細をご紹介しています。

3.環境と共生する平屋の住まい

南に広々とした庭を臨む恵まれた敷地に建つ、梶垣建築事務所が手がけた平屋の住まい。自然の力を居住環境に生かし、「環境と共生する」をテーマにデザインされました。深い軒は夏と冬の日差しを調整する役割を担い、夏は涼しく、冬は室内に温かな陽を招き入れます。風を通すように配置が計算された窓は明るい光をもたらし、緑豊かな庭ともつながりながら暮らすことが可能。ファサードは外部の自然に溶け込む美しさを再現するよう黒を基調としたダークトーンでまとめられています。外壁はウッド、屋根はシャープでモダンなファサードを生かすガルバリウム鋼板が採用され、落ち着いた佇まいのスタイリッシュな家に仕上がりました。本住宅については「環境と共生する「大刀洗の家」」で詳細をご紹介しています。

4. 豊かな山並みを眺められる省エネルギーの家

北側に四季折々の色合いが生きる山並みを持つ場所、田所裕樹建築設計事務所が手がけた家がこちらに建ちます。眺望と環境による風通しなどのメリットを居住環境に生かすため、間取りや素材などがトータルでデザインされました。省エネルギー4等級の断熱性能を持ち、各室の温水パネルによって冬でも暖かく心地よい住み心地が実現しています。板張りの外壁は地元・岩手県産の木材が使用され、地産地消のポリシーも生かされています。外壁の他は構造材や階段など、ふるさとへの愛がたっぷりと詰まった家。経年による味わいの変化が楽しみな住まいに仕上がりました。本住宅については「house C」で詳細をご紹介しています。

5.生まれ育った地に建つ中庭がある家

住まい手の奥様が生まれ育った思い出地区に計画された家です。周辺は3方向が建物に、もう一方が道路に囲まれた環境。家族のプライベートを守りつつ、開放感のある家を… とARAKAWA ARCHITECTS & ASSOCIATESが丁寧にデザインを手がけました。イメージは「四方を囲われた大きな空間」。中庭を中心に、居住スペースの家、ガレージがつながり、のびのびと使うことができる空間が各所に散らばります。吹き抜けのあるLDKの心地よさと、たくさんの窓に囲まれた居住空間。ファサードは落ち着きのあるウッドカラーで仕上げられ、少なめな開口部の印象から内部の明るく開放的な空間のギャップには誰もが驚くことでしょう。住宅街の一角とは思えない気持ち良さが広がる家です。本住宅については「House in Fukuchiyama 新しさと懐かしさが両立する家」で詳細をご紹介しています。

ウッドの映えるモダンでおしゃれなファサードに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!