心地良いスキップハウス: ラブデザインホームズ/LOVE DESIGN HOMESが手掛けた家です。

共に年を重ねていくナチュラルな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

家とはそこに住む人のアイデンティティの表現と言っても過言ではないでしょう。家を所有する際には周囲の環境に対して自己を主張しつつ調和を図るといったバランスが重要になってきます。今回紹介するのは新築のモダンな住宅が並ぶ高台の開発地に建てられた真っ白な外壁と木張りの外観をもつナチュラルな家です。ラブデザインホームズ/LOVE DESIGN HOMESが手がけた住宅をさっそく見てみましょう。

前庭をたっぷりと計画することで街路空間をオープンに

道路側に最小限の開口部のみを設けプライバシーを配慮したシンプルな外観をもつ陸屋根が特徴的な住宅です。家の顔とも言える正面ファサードは控えめながらもプロポーションの美しさがひと際目立ちます。駐車スペースと植栽に彩られた玄関アプローチを含む前庭をたっぷりと確保することで、開放的な街路空間が生まれました。

外観に調和した外構計画

ファサードの一部を木張りにすることで単調になりがちな外壁にアクセントを持たせています。庇を設けることできちんと雨風にも対処しています。植樹された木々が成長すればさらに趣きのあるナチュラルな家になりそうですね。

立体的な生活空間 – スキップフロアがもたらす効果

天井高を3m確保したリビングダイニングが一体となったモダンな生活空間です。全体にナチュラルな色調でまとめた開放的な空間ですね。奥の居室とはスキップフロアでつながる立体的な構成をとり、変化に富んだ視線の演出や曖昧な空間の線引きといった効果をもたらします。

お互いの気配を感じる生活空間

前述のスキップフロアを上がると畳のスペースと書斎があります。和室の壁が途中途切れていますが、空間を程よく仕切る珍しい手法ですね。書斎コーナーでは座った時の眼の高さに合わせて壁をくり抜いた開口部を通して下階の気配を感じることができる連続性を持たせています。畳やウッドフロア、木製のカウンターなどナチュラルなマテリアルを組み合わせて明るく開放的な空間を作っていますね。

階段下に低めの窓を設置しています。外部との目線の交差を避けつつ気配を感じることが可能でなおかつ採光や換気に配慮したアイデアです。庭に向って全面的に設けた開口部や オープンな階段によって開放的で明るいリビング空間が出来上がりました。

ナチュラルで機能的なキッチン

天井を木張りにし、キッチンキャビネットもナチュラルなウッド製でまとめたすっきりとしたキッチンスペースです。リビングダイニングエリアよりも落ち着いたトーンでまとめられていますね。セミオープンなのでリビングダイニングエリアにいる家族と会話を楽しみながら料理ができますね。

ウッドデッキでくつろぐ贅沢な時間

リビングから続くテラスです。ウッドデッキとハンモックが設えられています。きっと読書をしたりくつろぎながら自然との対話を楽しむのが好きなお施主さんなのかなと想像がふくらむ家です。年月と共に成長し、また風合いを変化させ趣きを増す素材である木をあちこちに取り入れたこの住宅は、住む人に自然体で暮らせる心地よい生活を与えてくれそうです。

ナチュラルで心地よい家いかがでしたか?是非感想をお聞かせください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!