シンプルな家にある秘密の庭

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

都会で生活をするとしたら多くのメリットがあるでしょう。公共交通機関が整っており、簡単に移動ができます。また店などが多く揃っているので、買い物のために遠くに出掛ける必要もありません。ですが家を建てるとなると問題が出てくるでしょう。それは土地代の高さ。一軒家を建てるとなると十分の広さを確保することができません。また多くの家が密集して建てられるため隣家が迫りプライバシーを守ることも簡単でないでしょう。そこで今回は都会に建つ、プライバシーを守り心地良い暮らしが送れる家を紹介したいと思います。

旗竿敷地に建つ家

今回紹介する家を手がけたのは萩原健治建築研究所。家の敷地は神奈川県の三浦市にあります。それは住宅地にありますが、大きな問題がありました。家が建てられるのは旗竿敷地と呼ばれる特殊な土地。それは道路から細長い通路で結ばれた土地のことで、家の周りを他の建物で取り囲まれることになります。そうなると感じられるのは圧迫感。もちろん周りの建物に光を遮られることにもなります。そこで本住宅では開放感が感じられ、明るい家にすることが考えられました。

プライバシーを守る外壁

本住宅を遠くから見ると、その全体を見ることは簡単ではありません。周りにあるのは住宅や高い擁壁。2階建ての本住宅は周りの家や壁に覆われて、ほとんど隠されてしまっています。僅かに見えるのは白色の壁。そこには大きな窓などなく中の様子をうかがうことはできません。そのため通りや隣家から覗かれることのないプライバシーを考えた外観であることがわかるでしょう。

明るさをもたらす中庭

周りを囲まれた住宅にもかかわらず窓が少ないため、家の中が暗いと思われるかもしれません。ですが家の中に入ると、その印象は覆されるでしょう。そこで目にするのは家の中心に造られた中庭。それはガラス窓で囲われており、植えられた木が目に飛び込んできます。もちろん中庭に射し込む光は、家の中を照らしだします。そのため明るさを感じることができるのです。

開放感を生み出すルーフテラス

2階も中庭を中心にした心地良い空間が考えられています。2階にあるのはルーフテラス。それは中庭の横にあり、広い屋外空間を生み出しています。ルーフテラスはガラス戸を開ければ簡単に出入りができます。そこに出れば、太陽の光を浴びることができ、外の風にあたることもできます。そのためここでは、周りを建物に囲まれても開放感を感じることができるのです。

縦にも横にも広い部屋

そんな2階にあるのはリビングルーム、ダイニング、そしてキッチン(LDK)。そこには中庭やルーフテラスに向けて多くのガラス窓が取り付けられています。そのため家族の団らんの場所は明るさが感じられるでしょう。またLDKは屋根の片側が高くなった片流れ屋根になっており、屋根が高くなった箇所は天井が高くなっています。そしてLDKの前に設けられたルーフテラスは壁の存在感を弱めて広がりを感じさせます。そのため横にも縦にも広がりが感じられるため、圧倒的な開放感を感じることができるのです。

旗竿敷地であっても気持ちの良い暮らし

旗竿敷地と言えば、周りを建物などに囲まれてしまうため、閉塞感を感じさせてしまいます。また周りからの視線を考えて窓を少なくすることにもなり、いっそう窮屈さを感じさせることになります。ですが、ここでは中庭やルーフテラスを造ることで開放感を生み出しています。それは周りを壁で囲んでいても、家の中に多くの光をもたらし、明るい空間を演出してくれるのです。このような家であれば、たとえ旗竿敷地であっても気持ちの良い暮らしを送れるに違いありません。

旗竿敷地の家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!