山本通の家 リビングよりキッチンを見る: 株式会社seki.designが手掛けたダイニングです。

ダウンライトを上手に取り入れるには?

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

ダウンライトは、近年新しい照明の手法として注目されています。空間に照明による凹凸を少なくすることができるため、お部屋を美しく見せたり、吹き抜け空間でも明るく照らしたりすることが可能になります。最新の技術を取り入れたい!と飛びつく前に、ダウンライトができること、苦手とすることについて知りましょう。メリット、デメリットを知ることで、後々後悔の少ない住まいづくりができるはず。早速チェックしていきましょう。

ダウンライトが適した場所って?

ダウンライトを取り入れる場所として、適した場所とはどんなところなのでしょうか。お部屋の照明として必要な明るさは、人によって感じ方もさまざまなので、一概には決められませんが、最初に知っておきたいのはダウンライトの種類。LED一体型、LED交換可能型、従来の電球タイプの3つです。電球の種類によっても、光の照射する方向が異なります。白熱灯は全方向に光が放たれるのに対し、LEDは一方向のみ。そうした性質を考慮したうえで配置する場所や種類を決めましょう。

こちらは株式会社Seki.Designの手がけたお宅のダイニングキッチン。天井がすっきりとしていてモダンで明るい印象です。

Photo: A. Fukuzawa

他の照明と組み合わせて

ダウンライトについてよく聞かれるのが、明るすぎるということ。シーリングライトなどの、完成後に設置するものとは違い、ダウンライトは設計時に設置する数と場所を決めなければなりません。家具の配置などはある程度前以て考えられますが、実際入居して明かりを付けたら眩しすぎた、ということも多いようです。白熱灯や交換可能なLEDタイプであれば、変更も可能ですが、交換不可のものを設置した場合には、使わない、もしくは新しいものに付け替える、ということに。明るさで困ったときには、他の照明と組み合わせるとバランスがとれそうです。

フロアをシンプルに照らそう

LEDタイプの照明は、スポットライトのような効果が期待されます。こちらのように、廊下をいくつかのダウンライトで照らすと、雰囲気のある空間づくりができますね。LEDは寿命が長いのも大きな特徴。廊下の高い位置にある照明の電球を替えたりするのは、ちょっとしたことで転倒などの事故にもつながります。専門家に設置してもらえるダウンライトは、そういったリスクをなくしてくれるため、とてもありがたいですね。

寝室にもスポットライト風

スポットライトとして使えるのも、ダウンライトの特徴。設計時に照明の位置を決めたけれど、入居してみたら欲しい位置に明かりが当たらない、という場合にも対応できるように、照明の角度が変えられるデザインの製品を取り入れるとよいでしょう。後々模様替えなどをする場合にも、うまく対応できそうですよね。寝室の照明は、寝る直前に消すことも多いのでは?リモコン操作ができるものを選ぶと使い勝手もよさそうです。

洋風のスタイリッシュバスルームに

ゴージャスな住宅を目指すお宅では、バスルームも一味も二味も違った個性的なデザインが取り入れられることが多いと思います。例えばこちらのようなヨーロピアンスタイルの、浴槽が直置きされたタイプのバスルーム。ゆったりとくつろげるように、照明は三種類の異なるものが取り入れられています。天井に設置されたダウンライト、壁面上部に取り付けられた間接照明風のライティング、そしてレトロなランプを思い起こさせるペンダントタイプ。お好みで明るさをアレンジすると、よりリラックスタイムが楽しめそうです。

クローゼットの理想的な照明

機能面から考えても、ダウンライトであることがとてもピッタリなのがクローゼットや納戸。物を天井近くまで収納するような場所では、シーリングライトやペンダントライトなどの凹凸のあるものは、物の出し入れの時にとても不便です。大きなもの、重いものなどの出し入れの際には、照明にぶつかって破損したり怪我をしたりということも考えられます。ただ、設置の時に考慮したいのが、明かりの照射方向。物を収納した後に、暗くて見えづらいというポイントがないようにしたいですね。

Photo: Lio Simas

住む人が求める明るさのある照明選びをしたいですね。ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!