H・h(渡り廊下のある家): Studio REI 一級建築士事務所が手掛けた家です。

多様な空間で構成されるのびやかな住まい

JUTO JUTO
Loading admin actions …

動線や機能に優れた上、オリジナリティ溢れるデザインが際立つスタイリッシュなこの都市型住宅はSTUDIO REI 一級建築士事務所が手がけました。木をふんだんに使った心地良い住空間が広がる住まい、さっそく見ていきましょう。

ガルバリウム鋼板葺きのスタイリッシュな外観

周囲はまだ長閑な田畑も残る分譲地の一つである敷地です。築年数の浅いモダンな住宅に囲まれていますが、その中でもダークグレーのガルバリウム鋼板葺きの仕上げと片流れ屋根の2つのボリュームが寄り添うような形態がひと際目立つスタイリッシュな外観です。セットバックした配置によって奥行きと高級感を感じさせます。自転車置き場には庇を設け、それを支える壁には板張りを採用。クールになりがちなメタル系の外壁に温かみを加え、街並み対しても親しみのある表情を向けています。

開口がもたらす表情のある佇まい

通りからの視線に配慮し、開口は小さめに。縦横のスリット状の開口や正方形の連続窓が豊かな表情を作り出しています。さらに夜ともなるとこれらの開口を介して内部から光が漏れ、植栽をライトアップする照明と共に暖かな雰囲気を醸し出しています。

上質な木の素材は空間の価値を上げる

1階は吹き抜けたLDKを配置。セミオープンなキッチンは立ち壁と低めの天井によって柔らかに仕切られており、一体化したLDKでありながら空間にメリハリを持たせています。上品質なウッドフロアと同系色の木製階段、そして2階の渡り廊下の背面の木板も統一してます。階段下にはワークスペースとして造作でカウンターを設け、空間を有効に利用。大きな掃き出し窓を介して庭へと続く開放感のあるLDKです。

随所にアクセントカラーや素材を取り入れる

吹抜け部分にも開口を設け、採光を十分に確保。奥はリビングエリアとして壁付けのAV台を設置しています。背後の壁には質感のある素材を用い、間接照明によってそのテクスチャーが浮かび上がり空間のアクセントになっています。

モダン和室の設え方

リビングから続く台形の和室です。落ち着いた色合いの木板張りの天井と縁なし畳がモダンな雰囲気を醸し出しています。床の間の垂れ壁の曲線もアクセントになっていて素敵ですよね。密集した立地の場合、採光や換気、開放感をつくるのに高窓やスリット状の開口が効果的です。特に和室の場合、落ち着いた雰囲気も出るのでお勧めです。大きな掃き出し窓は触れた軸のおかげで隣家と視線が交差しません。

廊下という空間の利用法

寝室と子ども部屋を繋ぐ渡り廊下の両サイドは吹き抜けになっているので、下階との繫がりをもち、家全体に一体感をもたらします。随所にビビッドなアクセントカラーを採用し、変化に富んだ空間を演出。また廊下は移動のみならずふと立ち止まって腰をかけてたりできるベンチや家族が共有するモノなどを仕舞える収納を設置し、多目的に使える場になっています。

立体的な広がりを生む吹抜けとロフト

片流れ屋根がもたらす天井の高さを利用して、廊下に設置したはしごからアクセスできるロフトを設けています。こどもにとっては絶好の遊び場ですよね。吹抜けとロフトがもたらす立体的な広がりが心地良いですよね。シンプルな中にも多様な空間を構成し、どの場所にいても楽しくなるような住まいです。「中庭と吹抜けが作り出すリラックス感がたまらない!」でも2階の廊下部分をまるで独立した居室のように活用。多様な空間が魅力的な住まいです。

写真撮影:今西 浩文

普通っぽいのに実は多様な空間で構成される住まい、いかがでしたか?是非感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!