藤の木の家: CAF垂井俊郎建築設計事務所が手掛けたリビングです。

開放感がありリラックスできるシンプルでモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、明るく開放的な室内空間が心地いいシンプルでモダンな住宅です。ワンルームのような一体感のある作りによって住まいのどこにいても家族の気配が感じられ、安心して過ごせる住空間が実現しています。またスタイリッシュでモダンな外観も特徴的となっています。このプロジェクトを手掛けたのは、広島県を拠点に活動しているCAF垂井俊郎建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見ていきましょう。

スタイリッシュでモダンな外観

シンプルなボックス型のフォルムに、正面には白、サイドが黒というモノトーンの外壁をしたモダンな住まいの外観です。正面ファサードは、白い外壁の横のラインに沿って横長の窓が設けられ、サイド面は黒い外壁の縦のラインに沿って縦長の窓がリズムよく設置されており、デザイン性の高さも印象的。また玄関ポーチやアプローチ部分の石の敷き方もお洒落ですね。スタイリッシュで独特な存在感のある佇まいとなっています。

開かれた庭側の外観

小さな窓のみで、閉じた雰囲気のあった先ほどの正面ファサードとは対照的に、庭のあるこちら側の外観は、大きな開口部やデッキテラスが設けられており、とても開放的な作りとなっています。外側が白、内側が黒と2層になった壁のコントラストと、2本の細い柱など直線的なラインを意識したデザインにセンスの良さとこだわりが感じられます。

開放的なLDK

こちらは1階のLDKの様子です。一部天井が吹き抜けとなっており、デッキテラスに面しては大きな開口部が設けられ、明るく開放感のあふれる作りとなっています。シンプルなデザインの白い階段は、そのLDKの開放的な雰囲気を壊さないようにインテリアの一部として馴染んでいます。木で仕上げられたキッチンはカウンターがオープンとなった作り。背面収納はキッチンを使用しないときはクローズしておくことで、物があふれてしまいがちなスペースの生活感を隠しておくことが出来て便利ですね。

LDKの一角にある畳スペース

こちらはキッチン側からLDKを眺めた様子です。階段の奥には畳スペースが設けられており、ソファではなく畳でのんびりしたい時の休憩所としてや、お客様が来たときは客間としてなど色々な場面で利用出来そうです。リビングの天井は建材が露出しており、それがそのままインテリアのいいアクセントとなっています。

住まいをつなぐ吹き抜け

こちらはLDKの階段を上った2階ホールの様子です。バルコニーに面して大きな開口を取り、明るい雰囲気となっています。手すりを細いライン状のシンプルな作りにしたため視界に抜けが出来ており、1階と2階空間にワンルームのような一体感が生まれています。2階からはリビングをはじめ1階の様子が良く見え、家族が住まいのどこにいても気配を感じながら安心して過ごせそうですね。

ロフト付きの子供部屋

こちらはロフトのある子供部屋の様子です。白い空間にナチュラルなフローリングで他の部屋同様シンプルなインテリアでまとめられています。ロフトのハシゴがユニークなデザインで、毎日木登りをする気分になれそうです。しっかりつかまって上り下りが出来るので、お子様にとっては普通の作りより安全で楽しいハシゴかもしれませんね。

リラックスできるシンプルでモダンな住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!